思考力を鍛える自学

 一昨日の5時間目、子供たちに30分の時間を与えて自学をさせたということは、前号に書きました。そこで、子供たちはどんな自学をやったのか。以下に4名分を紹介します。

あゆみ
 「体を守る仕組み」で、体を守る仕組みはいくつあるかが宿題でした。1時間目の国語でその発表があって、しーちゃんのが黒板に書かれました(9つ)。
・皮ふ
・あか
・なみだで流す
・なみだで殺す
・せん毛
・小さな白血球
・大きな白血球
・新しい白血球
・熱
 けれど、本当はこんなに仕組みはないのです。皮ふとあかは、同じ「皮ふの仕組み」、なみだで流す、なみだで殺すも同じ「なみだの仕組み」、小さな白血球、大きな白血球、新しい白血球も同じ「白血球の仕組み」となります。でも、「熱」は仕組みになるのかならないのかはまだ分かりません。
 私は、「熱」も仕組みになると思います。熱は微生物の活動を弱めると書いてあるからです。微生物の活動を弱める働きをすると思うので、仕組みだと思います。

真太郎

 面積の勉強をして、7の1はかんたんにできたんだけど、2でとまどってしまいました。これから、2の話しをします。
 最初に変な答えが出ました。
 式は、
 9×12+8×10=108
 今考えたら、自分でもどうやって計算したのかが分かりません。
 20分くらいなやんだ末、また変な計算が出ました。
 式は、
 9×6+(7+9)×10−4=210
 今度の式はこうです。
(1) 9×6は上の9mと上の出っぱっている横の6mをかける
(2) (7+9)をして(8×4)をかける
(3) 7×6と8×4をたす
(4) 最後に9×7+8×4から7×6+8×4をひく
 終わったときは、うれしかったです。

貴未
(前略)
 私は「仕組み」は5つだと思いました。でも、関矢さんが9つと答えました。
(中略)
 私も上のとおりだと思ってしまいました。でも、実際はちがったのです。上の赤で書いてあるようにしなければいけませんでした(渋谷注:貴未さんのノートには色つきで図示されています)。
 なぜかというと、みんなまとめて考えなければいけなかったからです。私の考え方で合っていたのです。
 そして、問題になるのが「熱」です。熱は「仕組み」なのだろうか。私は仕組みだと思います。なぜなら、熱は微生物の活動を弱めているからです。

和人
 体育でハンドベースをやった。三しんするだろうと思って軽く打ったら、ファールゾーンだったが、遠くへとんだ。でも、天井へ当たり、アウトになった。
 2打席目。1球目はファール、2球目は低めの球を打った。そしたら、にぶい音がしてヒットが打てた。ひさしぶりの2るいだで、うれしかった。
 それで野球のことを一つ学んだ。野球は力強く打つだけじゃない。軽く打ってもヒットが打てるということだ。むりやりホームランを打とうとして三しんするよりも、軽く打ち、ヒットを出すということを学んだ。(後略)

 4名は、その日の午前中の授業を振り返り、自分の思考過程を文章化しています。文章化することによって「自分は何が分かっていて、何が分かっていないのか」がはっきりします。また、同時に論理的な思考力が鍛えられます。
 漢字や計算など、習熟が必要な学習を繰り返しやるということも大切なことですが、上のように、

その日の学習内容を文章化する

という自学も強くお薦めしたいですね。