思考力を鍛える自学(その2)

 本日の宿題はありません。
 四年生終了間近にふさわしい自学を期待しています。 

 上は、一昨日書いた連絡帳です。この日は水曜日、午後はたっぷりと時間があります。どんな自学帳を出してくれるのかなと、私は楽しみにしていました。
 そして、昨日提出されたのが次の自学です。

昌美
【理科の勉強で学んだこと】
 今日はガスバーナーを使いました。

《やりかた》
1 元せんをあける
2 ガスのねじを少しゆるめて火をつけ、ほのおの大きさを調節する
3 ガスのねじをおさえながら、空気のねじを回して、青色のほのおにする

 このような順番でやっていきました。
 次は、金ぞくの温度と体積を調べます。まず、長谷川先生がお手本をしてくれました。
 熱した金ぞくの球が輪の中に入るかどうか調べました。そしたら、輪の中に入りませんでした。今度は、その金ぞくの球を冷やしてからまた輪の中に入れてみました。すると・・・、その金ぞくの球が入りました。私は「なんでだろう」と思いました。
 私は今までガスバーナーの使い方はまったく知りませんでした。だけど、元せんをあけしめすることはバッチグーです。
 前に(教科書で)「金ぞくの温度と体積」というページを見たことはあるんだけど、(教科書に載っている)この人たちが何をしているかはさっぱり分かりませんでした。
 今日、このことを学んで、やっと分かりました。明日は、多分先生がやるんじゃなくて、みんなでやると思います。
 この理科の勉強のおかげで、分からなかったことが学べました。

貴大
【今日の40分読書】
 ぼくが今日読んだのは『松井秀喜物語』です。
 松井選手の子供の時のことや、今のことものっています。
 たとえば、

Q:松井選手はなんで左(打)にしたか?
 
A お兄さんが「左にすれば」と言ったから
B 足がはやかったから
C お父さんが左にした
D 左バッターがあこがれだったから

 正解はA。


【あと少しで5年生】
 あと2か月もないけれど、もう少しで5年生です。
 新一年生を笑顔でむかえたいと思います。そして、やさしい5年生になって、新一年生にいろいろなことや学校のことを教えてあげたいです。
 また、六年生を心配させず、こまらせるようなことをしないようにしたいと思います。
 そのためには、今の5年生や私たちが1,2,3年生に教えるべきなのです。それくらいしないと5年生になれないなと思います。
 六年生は、あと少しで中学生か。2か月もないけれど、もっと楽しい思い出を作ってほしいな。


友美さんの版画板
沙紀さんの版画板

 初めて挑戦している木版画。今のところ、7名が彫り終えました。来週には、全員が彫り終え、刷りに入る予定です。