(その3)

参観日に見ていただいた授業、子供たちの感想です。お読みください。

杏澪
あいさつと、整理整頓がそんなに大事なんて・・・。と思います。でも、公文のグラフを見たら、すごい差が・・・。そんなことでいろいろなちがいが出ていた!と〜っても大事ってことがよく分かった。びっくり!

大輔
あいさつと整理整頓をしている人はサッカーがうまいって言っていたけれど、なんで、あいさつと整理整頓なのか分からなかった。くつをそろえる人と、そろえない人であんなに差が出るとは思わなかった。

あゆみ
あいさつ・返事・くつをそろえることができる人は、すぐれた人、役に立つ人なんて知らなかった。私は、あいさつ・返事・くつをそろえるの全部できないからできるようになって、すぐれた人、役に立つ人になれたらいいなと思った。すぐれた人、役に立つ人になれなくても、あいさつ・返事・くつをそろえるの中の一つでもできるようにしたい。

友美
サッカーの人の話を聞いて、ちょっとびっくりした。練習とか体力とかではなくて、躾の中のあいさつ、整理整頓だった。
私は自分の家や学校の中でやっていることはけっこうできていた。でも、この三つがいちばん大事!という躾はあまりできていない。だから、これからがんばる。

郁哉
人物の人という字は、人の役に立つという意味。物という字は、整理整頓の意味。それにあいさつ。あいさつは人の気持ちをよくさせる。くつをそろえる。くつをそろえればはきやすい。しかも整理整頓は、すぐパッと分かって準備がしやすいのだ。
この、あいさつ、整理整頓、これがないと、サッカーでも野球でもプロにはなれない。だから、ぼくはこれを守っていきたい。

昌美
私がすごい!と思ったことはサッカーでいちばん上手になる方法があいさつと整理整頓だということです。なんでだろうと思いました。ほんとかなあ?
そのとき、プリントが来ました。グラフを見ると、なぬ。すごく差がついています。へえ、あいさつや整理整頓を毎日やっていれば、いい方いい方となっていくとわかりました。明日から毎日、あいさつ、整理整頓をがんばろっと。

以上、自学帳から紹介いたしました。
そうそう、自学といえば、沙紀さんと貴未さんが早くも2冊目に突入しました。一か月も経たないうちに1冊目を終えたのです。しかも、どのページもびっしり。大したものです。子供たちにもこのことを紹介したら、ある男子、
「すげぇー!おれ、まだ3ページ。」
おいおい、きみは怠けすぎだよ。

下に紹介するのは優馬くんの自学帳からです。

家族会議を開いた結果、どうしたら自学でAがもらえるかを考えてみたら、このようなことが分かった。
・ていねいに書く
・たくさん書く
・漢字をたくさん使う
・内容をおもしろくする
・集中してやる
きっと、この5つを全部できると、Aがもらえると思う。

これを書いた翌日から、彼の自学帳は飛躍的に向上し始めました。一日50分の家庭学習は結構大変だと思うけれど、みんながんばって!