SHAPES

一昨日の月曜日は久しぶりにブライアン先生との学習でした。運動会の代休等の関係で、しばらくできなかったのです。
この日の学習トピックは『SHAPES』(形)です。全部で四つの形を扱いました。

circle,square,rectangle,triangle
(円、正方形、長方形、三角形)

まずは、いつもの通り、ピクチャーカードを使って形の名前を覚えていきます。今回はブライアン先生の自作カードでした。
数も少ないし、比較的簡単に覚えられるかなと思っていたのですが、子供たちにとってはなかなか難しかったようです。

子供たちが形の名前を覚えたところで、ゲームで習熟と応用を図ります。
この日のゲームは、ブライアン先生考案のグリッドゲーム。5×5のグリッドの中を移動しながら、ブライアン先生の指示通りのものをかいていくゲームです。
グリッド中心に置かれたスタートポイントに鉛筆を置き、ブライアン先生の指示に集中します。

・Go up 2 spaces,draw a circle.
・Go right 2 spaces,draw a triangle.
・Go down 2 spaces,draw a rectangle.
・Go down 2 spaces,draw a square.
・Inside the square,wright letter A.
・Go left 2 spaces,draw a cat.
・Go left 1 and go up 1,draw a circle.
・Inside the circle,wright number 15.
・Go up 2 spaces,draw a rectangle.
・Inside the rectangel,wright your name.
・Go up 1,draw a dog.
・Go left 1 and go down 1,draw a triangle.
・Inside the triangle,wright your age.
・Go down 3 spaces,draw a square.
・Above the square,draw a circle.

上のようなブライアン先生の指示を正しく聴き取り、その通りにかいていくと、グリッドの中には下のような図形がかかれることになります。
形の名前以外にも、go up,go down,go left,go right等の進む方向を示す表現や、inside,above等の位置を示す表現が出てきますので、少々高度です。それでも子供たちは必死に聴き取り、多くの子供たちがブライアン先生の指示通りに図形をかくことができていました。
私は子供たちの様子を見ながら、うまく聴き取れない子供やスピードについていけない子供たちを助けて回りました。1回目のゲームではついていけなかった子供たちも、2回目になると、かなり慣れてきて私の手助けもほとんど不要でした。
Draw a monkey.
Draw a snake.
といったブライアン先生の指示に従いながら、私も挑戦してみたのですが、私の絵を見た子供たち、
「えっ、それが蛇?ミミズでしょ?」
失礼な!