Insect(昆虫)

昨日4時間目、今学期初の英語学習を行いました。新潟日報社の記者さんとカメラマンさんの取材を受けながらの学習です(と言っても、学習中にインタビューを受けたりするわけではありませんが)。
この日のトピックはInsect(昆虫)です。
教室後ろには栗田君の力作「トンボの標本」が展示されています。また、虫かごの中では加治くんが捕まえてきたカマキリが蠢いています。今、子供たちの中(主に男子ですが)では昆虫熱が高まっているのです。
ということで、最初に立てた計画の中にこのトピックはなかったのですが、この時間は昆虫を扱ってみることにしたのです。
dog, cat, tiger, lion・・・。動物の名前は英語であっても結構身近ですよね。でも、昆虫となるとどうでしょう。みなさん、何かご存知ですか。子供たちもおそらくは、昆虫の名前などほとんど知らないと思われます。やってみる価値ありです。

まずは、昆虫の絵が描かれたフラッシュカードを使っての学習です。

Look at this picture. What's this?

封筒の中から少しずつ焦らしながらカードを見せていきます。触覚がちょっと姿を見せたところで、
「蟻!」
という子供たちの声。お見事。その通りです。

Repeat after me. Ant!

このような調子で10の昆虫の名前を示していきます。下の10です。大人にとっても初めて聞くような名前がありますよね。でも、子供たちはアッという間に覚えてしまうのです。ここら辺が大人には真似のできない子供たちのすごさです。やはり脳が柔らかいのですね。
これを定着させていくために、この後、手を変え品を変え繰り返し学習を行っていくことになります。どのように手を変え品を変えていったのか。続きは次号にて。

※ 上のイラストは前田康裕先生のサイトで公開されているものです。

http://raq1.aminet.or.jp/~yasu/illustrations/index.htm