糖分(その3)

子供たちがノートに書いたのは三つでした。次です。

・虫歯になる
・糖尿病になる
・肥満になる

子供たちから出てくるのはこれくらいだろうと私も予想していました。

実は、砂糖の摂りすぎによる害はまだあるのです。

こう言って、黒板に書き加えていきます。

・頭のはたらきが悪くなる
・骨が弱くなる
・キレやすくなる

子供たちは驚きの表情で黒板を見ています。「まさか」という思いなのでしょう。

砂糖を摂りすぎると体の中のカルシウムが壊れてしまうのです。カルシウムが壊されることによって、こんな恐いことが起こってしまいます。
ところで、カルシウムを豊富に含んでいる代表的な食品はなんですか(子供たちから「牛乳!」の声)。そう牛乳にはカルシウムが豊富に含まれていますね。では、例えば一日に角砂糖6個分の糖分を摂ってしまったとします。角砂糖1個オーバーです。この1個によって壊されたカルシウムは、牛乳を何本飲めば元に戻せると思いますか。ノートに書いてごらんなさい。

多くの子供は2本程度と考えていました。

正解は7本です(「えー!」という驚きの声)。さらに言うと、ファンタオレンジ1本で壊されたカルシウムを補うには、なんと牛乳を60本近くも飲まなければならないのです。飲めますか。

子供たちは度肝を抜かれたようです。

この時間の感想をノートに書きなさい。

子供たちの文章を紹介いたします。

大輔
砂糖をとりすぎると、虫歯などになることは知っていたけど、切れやすくなったり、頭の働きが悪くなったりするのは知らなかった。だから、今度からはなるべくいっぱいとらないようにしたい。

朝妻
今日は、砂糖のとりすぎはものすごい大変なことになるということを勉強した。砂糖はとりすぎるといけないな〜と改めて分かった。絶対に糖尿病にならないようにしようと思った。

あゆみ
今日勉強したことで、初めて知ったことがあった。
それは砂糖をとりすぎると頭の働きが悪くなったりすることが分かったからだ。虫歯や太ったりするだけじゃなかったからびっくりした。
だから、砂糖をとりすぎて頭の働きが悪くなったりしないように砂糖の入ったものをたくさん食べないようにしたいと思う。

結花
この勉強をして私はすごくびっくりしたことがあります。砂糖を1個オーバーしただけなのに、牛乳を7本も飲まなきゃいけなかったことです。私は牛乳があまり好きじゃないので、そんなのいやだと思いました。これからは気をつけようと思います。

丈祥
ぼくが今日学んだことは、いろいろなおやつにいっぱい砂糖が入っているということだ。だから、砂糖を少なくカルシウムをいっぱいとろうと思った。

真太郎
ぼくが今日おどろいたことは、角砂糖1個のために1.4リットルもの牛乳を飲まなきゃいけないことだ。やっぱり砂糖は考えてとるようにしよう。

ひろみ
砂糖がこんなにあぶないなんて知らなかった。これからは気をつけようと思った(きのうの夜、アイスを2.5こくらい食べたのでやばい)。

和人
オレは砂糖をたくさん食ってはいないと思うが、病気になりやすくなるなど、いろいろと危ないから、あまりとりすぎないようにするか。

沙紀
私はおかしをボリバリ食べていたけれど、牛乳の説明を聞いてとってもびっくりした。これからのおかしはひかえめにしよう。

五十嵐
だんだん体のじょうたいが変になっていくことをこの時間に学んだ。これからは砂糖に気をつけておやつを食べようと思った。しかもとりすぎると角砂糖1こにつき7本の牛乳をのまないといけないというのがとってもびっくりした。