子供たちの冬休み

17日ぶりに見る子供たちの顔。どの顔もいきいきとして、正月ぼけなどは感じられません(私以外は)。大きなけがや病気もなく、元気に登校してくれたことを嬉しく思います。楽しいことがいっぱいだった冬休み、どの子も目一杯楽しんだようですね。
さて、学習の方はどうだったのかな?始業式後の学活で、聞いてみました。

1 冬休み中にやった自学帳は何ページですか。
2 冬休み中に読んだ本は何冊ですか。

自学帳は37ページが最高、読書の方は7冊が最高でした(最低の方は書かずにおきます)。子供たちに人気だったのはやはり『ハリー・ポッター』シリーズ。第一巻「賢者の石」はなんとクラスの半数以上の子供たちが読んでいます。現在刊行されている三巻すべてを読破した子もいました(私も休み中にようやく読み終えました)。読書は頭の基礎体力。今年は是非多くの本を読んでほしいものですね。

お家の方の目から見た子供たちの冬休み、通知表に書いてくださった文の中から、いくつかを紹介させていただきます。

■冬休みに入ってから、進んでお家のお手伝いをし、勉強(自学)はしなかったのですが、遊びは沢山し、楽しい休みだったと思います。学校生活が始まったら、自学を頑張ってほしいです。

■家でも少しずつ筋道立てて話すことができるようになったと思います。3学期は、読書・自学・サッカーとがんばる意志を聞かせてくれましたが、果たしてどうなることか・・・。自分なりに少しでも上向きにがんばれたらいいなと思い、見守るつもりです。

■クリスマス、お正月と楽しいことばかりの冬休み、あっという間に終わってしまったようです。年賀状を一生懸命書いていました。お正月は家族や親戚とトランプやゲームをして遊び、楽しそうでした。3学期には自学を頑張るという約束です。期待しています・・・。

■漢字はがんばりましたが、苦手な教科にも力を入れてもらいたいと思います。冬休みは読書をたくさんしました。3学期は5年のまとめをがんばってもらいたいと思います。

■飼育当番の日ははりきって学校へ行っていました。後半、ダラダラと過ごしてしまったようで、休み明け、リズムが元に戻るかどうか心配です。

■冬休みの間も、友達と誘い合って、遊び回っていました。小さなことにこだわらず、伸び伸びと自分を表現していってほしいと思っています。片付け能力がアップすることを心から望んでいるのですが・・・。

■正月は、雪のある田舎で過ごした。ちょっとたいくつの感はあったものの、雪のかまくら作りや屋根の雪下ろしを体験することができた。また、田舎の神社への二年参りなど、昔からの慣習にふれる機会はどのように感じられたのだろうか。

■今年度、一日も欠席のないことを励みにしているようです。さらに体を鍛え、健康な体と心をつくりたいと考えています。

お忙しい中、お書きいただきましてありがとうございました。お家の方の願いは、きっと子供たちに届くことと思います。