給食週間

先週は給食週間でした。参観日の折にも食品添加物をテーマとした授業を見ていただきましたが、この給食週間も、子供たちの食生活への関心を高めることが大きなねらいです。もちろん、栄養士や調理員など、子供たちの給食に携わっている人たちへの感謝の気持ちを喚起することもねらいの一つです。
期間中には、いくつかの特別イベントが組まれましたが、その中に「5,6年生人気献立」がありました。次のように行われます。

・5,6年生全員が給食の献立を考える。
(5年生はパンメニュー、6年生はご飯メニュー)
・栄養士が5,6年生が立てた献立の中からそれぞれ三つずつを選ぶ
・全校児童が食べたい献立に投票する

全校児童の投票で、見事1位に輝いた献立は実際に給食として出されるのです。そして、今回5年生で1位に輝いたのは慎司くんの考えた献立でした。右が慎司くんの考えた献立です。さすが5年生、栄養のバランスもよく考えられていますね。

【慎司くんのコメント】
この食べ物には、どんな材料を使うのか。栄養のバランスはだいじょうぶかなどを調べるのに苦労しました。工夫したところは、ただのパンじゃなくてチョコチップパンにしたところです。みんなが大好きなチョコをパンの中にいれてみました。
汁物はいろんな野菜が入っているワンタンスープにしました。いろいろな物が入っているので、全部きれいに食べてくれたらなあと思います。
おかずはあつあつであったかいはるまきにしました。皮も中身もおいしいです。おいしすぎて思わず全部食べてしまいましょう。