最高学年に向かって

223日の平成13年度も本日をもって終了です。32名全員が、昨年4月とは見違えるくらい心も体も大きく成長しました。毎日顔を合わせていると、なかなかその成長を実感できないものですが、1年前の写真、1年前の作文を見返すと驚くほどの伸びを感じます。
4月からはいよいよ最高学年。栄小学校を背負って立たねばならない立場になります。「えっ、6年生。本当に大丈夫?」そうお思いの方もいらっしゃるかもしれません。大丈夫!この子たちならきっと素晴らしいリーダーになってくれるはずです。私はそう確信しています。
「立場が人を育てる」とも言います。右に記した「年度末・年度始めの予定」をご覧ください。わずか数日の期間だけで、最高学年としての役割がこれだけあるのです。やらざるを得ません。やらざるを得ないことであるならばプラス発想で取り組むことです。「やりたくないよ」「できないよ」ではなく「よし、やってやろうじゃないか!」と考えるのです。その方がやっていて楽しいし、自分自身も成長できます。
「新任職員歓迎スピーチ」「新学期を迎えての抱負スピーチ」「入学式歓迎スピーチ」と、新6年生はスピーチだけで三つを担当します。昨日、三つのうちから一つを選ばせ、全員にスピーチ原稿を書かせました。代表児童だけに原稿を書かせることもできるのですが、それでは成長のチャンスがその子だけに限定されてしまいます。一人一人全員が代表児童としての当事者意識をもってほしい。そう願って、全員にスピーチ原稿を書かせたのです。
残念ながら、全員がスピーチをするわけにはいきませんので、最後には代表を決めなければなりません。今回の代表児童は右の通りです。失敗したっていいのです。このチャンスを是非生かしてほしいと願っています。
6年生には、パブリックスピーチをしなければならない場がこれから何度も出てくることでしょう。今回代表にならなかった子供も、今後一年間の中で必ず、そのような場を経験することになるはずです。「苦手だから」といって逃げていたら、いつまで経っても苦手のままです。経験を積むことによって、人は成長していきます。失敗することだって、大切な経験なのです。プラス発想で、前向きに取り組んでほしいですね。


■楽しい春休みを!

先日、『栄の子供の春休み』を配布し、一人一人、自学帳に「春休みにやりたいこと」を書かせました。ご覧になったでしょうか。
春休みは必修課題はありません。自分が「やりたいなぁ」と思うこと、「やらなければいけないなぁ」と思うことをしっかり考え、充実した休みを過ごしてほしいと願っています。一年間の成長を振り返り、親子でも話し合ってみてください。


■年度末・年度始めの予定

【3月27日(水)】
・離任式8:30までに登校
・教室机、椅子移動手伝い 10:00〜

【4月5日(金)】
・普通登校
・持ち物 青靴、連絡帳、筆記用具、雑巾2枚
※ 教科書配布があるので、ランドセルで登校
・新任式(歓迎スピーチ 萌)
・始業式(抱負スピーチ 結花)
・教科書給与(代表 貴大)
・入学式準備手伝い 11:00〜12:00

【4月8日(月)】
・入学式(歓迎スピーチ 五十嵐)
・新1年生入退場の誘導
・式場の後始末 10:05〜10:25
・新1年生保護者会時の1年生の世話 10:25〜10:55

おかげさまで、無事今年度を終えることができました。保護者の皆様のご支援とご協力に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
休み中、連絡が必要なことがありましたら、左までご連絡ください(略)。
よい春休みを!