教育実践INDEXへ

第5学年英語活動学習指導案(略案)

平成13年7月9日(月)第4校時
指導者 教諭 渋谷 徹

1 単元名 Joyful English! 2

2 単元の目標

(1) 自分から進んでコミュニケーションを図ろうとする態度を育てる。
(2) 楽しみながら英語を学ぼうとする意欲を育てる。
(3) 簡単なコミュニケーションができる程度の英会話能力を育てる。

3 単元の指導計画(45分×30単位時間)本時22/30

4 本時の指導計画

(1) 本時のねらい
ハンバーガーショップの店員になったりお客になったりしながら「ハンバーガーショップごっこ」を楽しむことを通し、買い物に必要な簡単な会話表現を覚える。

(2) 本時の構想
これまで子供たちが学習してきた会話表現は、ほとんどが一問一答に近い表現であり、多くの子供たちは容易に覚えることができていた。しかし、本時で扱う課題はハンバーガーショップという場面での会話例であり、子供たちが初めて学ぶ長い例文である。例文の長さに対し、子供たちは大きな抵抗感をもつに違いない。
そこで、練習の場面でカタカナでの補助を許可することにより、その抵抗感を少しでも減らすようにしたい。ただし、カタカナは教師が示すのではなく、子供たちが自分の耳で聞こえた発音を記入することとする。
コミュニケーション活動ではグループ毎に「ハンバーガーショップごっこ」を行う。見ている子供をサポート役とし、友達同士の教え合いができるようにする。また、活動をできるだけ単純化するために、硬貨は使わず紙幣のみを使うものとする。
「ごっこ遊び」を通して、子供たちが本時で学ぶ表現を楽しみながら学習できるようにしたい。

(3) 本時の展開

主な学習活動と教師の働きかけ 留意点
1 Greeting

Good morning, everyone.
Good morning, Mr. Shibuya.
How are you?
I'm fine.
How's the weather today?
It's sunny.

2 Practice 1

Today's lesson is " the Hamburger Shop”"
Repeat after me.
●Picture cardを使い、ハンバーガーショップのメニューを練習する。

3 Practice 2

Let's go to the Hamburger Shop!
●シナリオを使って、ハンバーガーショップでの会話例を練習する(会話例は別紙の通り)。

4 Game and Communication

Let's play Hamburger Shop game.
Make a group.
●店員とお客の役割を決め、ゲームを楽しむ。

5 Song

Let's sing "What's this?".
●What's this? の振りを覚える。
●振りをつけながら歌う。
●時間があれば当てっこ遊びをして楽しむ。

・ Greetingの最後に参観者との練習も行う。
"I'm Toru Shibuya. Nice to meet you."




・ Picture cardを使った練習は、変化を加えながら、テンポよく行う。





・ 長い会話例なので、自分の耳に聞こえた通りのカタカナを記入してもよいこととする。



・ 班のメンバーが二人ずつ輪番で行い、見ているもう二人の子供は店員とお客をそれぞれサポートする。

授業記録へ

教育実践INDEXへ