一年生を迎える会

1年生をおぶって入場!
クイズを出題!

1年生も入学して一週間が経ち、昨日からは給食も始まりました。そろそろ、栄小学校での生活にも慣れてきたころでしょうか。
昨日の3時間目、児童会行事『一年生を迎える会』が行われました。準備にほとんど時間がかけられない中、休み時間などをやりくりしながら子供たちはがんばって活動してくれました。
さて、会の中で6年生が担当するのは「学校紹介」です。1年生に栄小学校を紹介するわけです。ただ言葉で説明するだけでは、おもしろくありません。
学級会の話し合いで子供たちが決めたのは「どこでしょう・だれでしょうクイズ」というゲームでした。特別教室や先生をデジカメで撮影し、体育館の大スクリーンに映し出して「ここはどこか」「この先生はだれか」を当ててもらおうというものです。4択クイズです。体育館をひもで四つに仕切り、全校の子供たちに、正解だと思う場所に移動してもらうのです。
最初から、はっきりした写真を出してしまったのでは、2年生以上は簡単に答えが分かってしまいます。そこで、写真にはモザイクをかけ、徐々に映像がはっきりするような仕掛けもしておきました(モザイクをかけるなどの画像処理は私が行いましたが、写真は子供の撮影です)。下の写真が、そのときの様子です。
出題は全部で5問。全問正解した子供の中から、ジャンケンで勝った各学年1名には景品まで用意されました。それは、松井校長先生のサイン色紙です。低学年の子供たちには、ありがたみが理解できなかったようですが、我が6年生の子供たちは「おれも欲しい!」を連発していました。