ほえろ!走れ!

「○組第一応援歌、よう〜い!」
「オー!」
朝の空気の中を子供たちの大きな声が突き抜けます。今日から、応援練習が始まったのです。朝学習の時間、応援団の子供たちが各教室に散らばり、その練習をリードしていきます。
この日のために、応援団の子供たちは休み時間も削り、放課後も遅くまで残って準備を進めてきました。
「花の応援団」。そう言うと、子供たちに「古い」と言われてしまいましたが、やっぱり、応援は運動会の大きな華です。定員を超える子供たちから立候補がありました。しかも、「団長になりたい!」という強い意欲をもっての立候補です。その中から、ジャンケンを勝ち抜いて栄えある応援団となったのが次のメンバーです。

本番まで2週間弱。応援優勝を目指し、赤も白も切磋琢磨しながら、元気いっぱいにがんばってほしいものですね。ただ、がんばりすぎて本番前に声を嗄らしてしまわないように・・・。

そして、運動会のもう一つの華。そう、リレーです。こちらは、体育の時間に測った50Mの記録によって選出しました。昨日の昼休みから、練習も開始。各学年から選ばれたトップランナーたちが競うリレーはやはり見応えがあります。しかも、今年は6年生。女子からバトンを託された男子がアンカーを務めることになります。優馬くん、加治くん、野水くん、慎司くん、トップでゴールテープを切るのは誰になるのでしょうか。乞うご期待!

上は、休み時間の応援練習、そしてリレー練習の様子です。本番さながらの緊張感をもって取り組んでいます。
グラウンド回りをきれいにするため、4時間目には、屋外清掃を行いました。雑草だらけだったグラウンド周辺も随分すっきりしました。