一週間

2学期第一週が終わりました。夏休み明けの一週間、子供たちは長く感じたのでしょうか、それとも早く感じたのでしょうか。

■昨日、最後の水泳学習を終えました。見学者が多かったのが残念ですが、多くの子供たちが、1学期末の水泳検定時に比べ、1ランク上のレベルに達していました。最後の水泳検定の結果は次の通りです。

1級 クロール、平泳ぎの両方で、それぞれ100m以上泳ぐことができる。(9名)
2級 クロール、平泳ぎの両方で、それぞれ50m以上泳ぐことができる。(2名)
3級 クロール、平泳ぎの両方で、それぞれ25m以上泳ぐことができる。(2名)
4級 クロール、平泳ぎの泳法のいずれかで、25m以上泳ぐことができる。(7名)
5級 25m以上泳ぐことができる。(5名)
6級 13m以上泳ぐことができる。(2名)
7級 5m以上泳ぐことができる。(1名)

5級から4級への進級が一つの壁ですね。平泳ぎの足がなかなか難しいのです。できない子供の多くは、足の甲で水を蹴ってしまいます。早く、足の裏で水をつかまえる感覚が身に付けてほしいですね。

■水曜日に漢字テスト行いました。「うつしまるくん」を使ってのテストです。1学期に学習した漢字が50問出題されています。火曜日に一回練習をし、翌日テストをしたわけです。平均点は98.2点でした。火曜日の練習時には、随分忘れている子供も目に付きましたが、わずか一日で十分に取り返してくれました。水曜日に提出されたある子の自学帳に、こんなことが書かれていました。
「こんなに忘れているなんて自分でもびっくりした。やっぱり復習って大切なんだなぁ」
人間は忘れる動物です。繰り返すことによって、脳に定着していくのですね。

■通知表に書いてくださった、お家のみなさんの言葉を紹介いたします。子供たち、夏休みの間に随分成長したのですね。

★少しずつですが、自分のペースで色々なことを楽しんでいける余裕が出てきたように感じます。夏休みは、初めてのバスケの試合、ドームの野球観戦、海でのサザエ採り、一睡もしないではしゃいだ夏合宿・・・と小学校最後の思い出がたくさんできたようです。
★最近は、親が言わなくても自分で何でもするようになりました。苦手なものも努力するようになり、だいぶ成長したなと感心しています。
★この休み中は、ミニバス等に積極的に参加し、がんばっていたようです。勉強の方は、めずらしく私共が言わなくても、自分でこつこつやっていたようです。2学期もよろしくお願いいたします。
★自由工作や自学は驚くほどがんばりました。昼寝をしすぎ、深夜まで起きているという悪しき習慣がつきました。小学生最後の夏休みなので、のんびり過ごさせました。読書がもう少しでした。わたしたちの子供の頃はそんなに暇だったのかと思うほど読書の量が違います。
★海岸清掃に始まって、少年少女スポーツ大会、市民みこし参加とミニバスクラブに関わる活動で忙しかった反面、友達との関わりも多く、真っ黒に日焼けして夏を満喫していました。6年生としての自覚も出てきたように思います。
★ミニバス、野球と毎日体を動かし、楽しい夏休みを過ごしました。休みの間は、ゴミ出しや皿洗いのお手伝いもやり、町内行事やラジオ体操も最高学年の責任をしっかりとやりました。近所の人への挨拶もできるようになり、近所の方からほめられて本人もうれしそうでした。
★母の誕生日に、インスタントラーメンを作ってくれました。なぜか、だしまで取って。この夏、いちばんうれしかったことです。