What are you doing now?

さて、昨日はジェニーさんとの英語学習でした。

How are you today?
How's the weather today?
How old are you?
What's your name?
What's your telephone number?
Do you like grapes?
Are you hungry?
What time do you get up?

上は、授業の冒頭でジェニーさんが子供たちにしていった質問です。列毎に起立させ、早く手を挙げた子供から答えていくというゲーム形式で問答を行っていきました。子供たちは次々に手を挙げて答えていきます。この程度の対話はできるようになってきているのです。文法的には、怪しい答え方もありました。きちんと文になっていない答え方もありました。しかしです。子供たちは、ジェニーさんの問いを理解し、英語でコミュニケーションできているのです。それが何よりすばらしいことですね。

この日、新しく学んだ表現は次です。

What are you doing now?
I'm watching TV.

いわゆる、現在進行形です(もちろん、そんなことは教えませんが)。英語を母国語とするネイティブの子供たちは、結構早い段階で、このような表現を獲得するのだそうです。それだけ使われる頻度の高い表現なのでしょう。
今回、答え方として扱ったのは次の8文です。

I'm watcing TV.
I'm playing video game.
I'm reading a book.
I'm doing my homework.
I'm playing the piano.
I'm dancing.
I'm listening to music.
I'm cooking.

What are you doing now?という問いに対して、8通りの答え方をするわけです。ジェニーさんと子供たちで役割を決めて練習したり、子供たち同士でペアを作って練習したりしました。
ここまでは、今ひとつ自信がなさそうで声に元気がありません。ところが、次の行った二つのカードゲームで、子供たちの声は一変しました。楽しいゲームの中では、子供たちの気持ちも開放され、自然と元気が出るのでしょうね。いつも、こんな雰囲気の中で学習したいものです。
カードゲームとは言っても、単純なルールのカルタです。

1 子供たちがジェニーさんにWhat are you doing now?と尋ね、ジェニーさんの答えを聞いて、該当のカードを取る。
2 ジェニーさんが子供たちに、What are you doing now?と尋ねる。子供たちは私が示すカードを見て、発話しながらカードを取る。

思春期にさしかかっている6年生の子供たち、4年生の時のような歌や遊びは通用しなくなってきています。ところが、カードゲームだけはいつも変わらず喜びます。トランプ、花札、百人一首。古今東西、カードゲームは人類共通の楽しみなのかもしれませんね。