展覧会ありがとうございました

日曜日は荒天の中、展覧会・愛育会バザーにおいでいただきましてありがとうございました。小学校生活最後の展覧会、子供たちの作品をご覧になって、どのように思われたでしょうか。
感想ポストに入れていただいたお家のみなさまからの温かい子供たちへの言葉を読ませていただき、私もまた心が温まりました。ありがとうございました。当日は、バザー会場で働きづめとなり、感想を書く時間がなかった役員のみなさまもいらっしゃったようですが、是非、子供たちへ感想を渡してやってください。

さて、当然のことながら展覧会は授業日です。ですから、子供たちには「鑑賞カード」を渡し、5,6年生の作品の中からお気に入りの作品を選び批評を書くことを要求しました。すべてを紹介することはできませんが、ここにそのいくつかを紹介いたします。
(下の氏名は批評を書いた子のものではなく、作品の作者です)

【絵画】
友美 一つ一つの跳び箱の色が違ってきれいだった。立体感が出ていてよかった
貴大 腕が長くておもしろい。まわりの人までていねいにかかれていて気に入った。
五十嵐 細かいところもよくかけている。カメラマンもよくかけている。
あゆみ 靴の部分や床はとても大変そうなのにきれいに仕上がっている。明るくてとてもいい絵だ。
優馬 家の細かい部分までしっかりとかいているところがすごい。色もしっかりぬってある。

【工作】
大輔 アルビレックスのマークが細かく描けていてうまい。蝶番を付けたこともいい。
貴未 たくさんのビーズがついているところが他の人とちがっていい。
隼人 上のペンギンがうまい。
沙紀 一枚の板から家をつくるのはスゴ〜イ。
郁哉 橋の様子が細かくかかれていておもしろい。
結花 これなら、机の上にいつまでもおいておけそう。