夏休みの自学帳(その2)

やり方は示しました。『自学メニュー』も配りました。しかし、まだ子供たちはできないでしょう。次のことが必要になってきます。

・自学の例を示す。
・実際にやらせてみる。

昨日『自学サンプル』をコピーして配布しました。前任校で担任した子供の『自学帳』コピーです。6年生の自学帳ですので、直接まねすることはできませんが、参考にはなるはずです。何よりもイメージがわくはずです。
さて、サンプルを見た後は、いよいよ実践です。自学帳を開き、一人一人が自学を始めることとなります。

さあ、いよいよ君たちが自学をやる番です。もちろん、このメニューにはないことをやってもいいのですよ。では、自学帳を開いて、用意始め!
できた子からノートを持ってこさせ、ABCで評価をしていきます。まず、マンガだけでページをごまかそうとしているものはCです。さらに、1ページに達していないものや丁寧さが感じられないものはBです。3年生らしい誠実さや工夫がなされているもののみにAをつけました。ただ、ちょっと評価が甘かったかもしれません。是非、お子さんの自学帳をご覧になってください。(ただ、決して叱ったりはしないでくださいね。)
さて、右はW君の自学です(略)。評価はAです。1ページに3つのメニューがバランスよくレイアウトされています。また、かわいい図を入れながらヒメダカの性別の見分け方を説明しているところなどすばらしいですね。他の子供にも是非、参考にしてほしいものです。