びっくり!夏休み作品

驚きました。子供たちの作品やノートです。こんなにがんばってやってくるとは・・・。一日の午後、じっくりと見させてもらったのですが、多い子供は自学帳3冊に市販のワーク2冊、さらに工作作品までつくった上に日記まで書き続けています。こんな子供が一人や二人ではなくごろごろいるのです。仰天です。これで、ちゃんと遊べたのかなぁと心配になるほどでした。
夏休みの課題は『自学』だけだったのです。後は工作や研究は子供たちに任せてあったのです。それにもかかわらず、この作品群。本当に感心しました。

子供たちのノートからは、楽しかった夏休みのにおいがプンプンとしていました。一人一人、自分だけの毎日がたっぷりと詰め込まれていました。
何名かの『自学帳』を部分的に紹介します。

徹也
8/31 【夏休みのはんせい】
@ 学習について
ぼくは、毎日勉強しました。計算ドリルを三つ、漢字スキルの漢字を十個、一日おきにやりました。勉強に加えて日記も書きました。毎日、休まずにやったのでつかれました。
A 読書について
ぼくは、夏休みがはじまってからおわるまで、本を百さつ以上読みました。夏休み前にかりてきたズッコケが全部読めなかったのがざんねんです。
B お手伝いについて
ぼくは、夏休みに二つのお手伝いをしました。
一つ目は、あらいものです。毎日でもないけれど、ほとんどやりました。
二つ目は水くれです。きょ年までは毎日ぼくが水くれ当番で、弟たちはお手伝いでしたが、今年は兄弟で当番表をつくったので、楽でした。
C 工作について
今年はリモコン入れとティッシュ入れとポピーのスクラッチ画を作りました。むずかしかったところは、リモコン入れののりづけです。
D 二学期のめあて
ぼくの二学期のめあては、読書カードが15枚目になることです。今、9枚目なので、15枚目なんてかんたんです。とくにズッコケを読みたいです。

良太
8/24 【できるようになったこと】
はじめて、妹と二人きりで十日町に行ったよ。
(行くときのバス)
行くとき、古町までお母さんに送ってもらったけど、バスの中から二人きりになりました。とちゅうでねました。ぼくたちは、山本でおりました。ばあちゃんがむかえにきてくれました。
(ばあちゃんのうちで)
ようやくばあちゃんのうちにつきました。おじさんやばあちゃんが「よく二人でこれたなぁ」と言いました。母さんに電話したら、「つうち表、みせた」と聞きました。ぼくは、「そういえば忘れてた」と言いました。ばあちゃんとおじさんにみせたら「がんばろうが一つもないじゃん」と言いました。十日町のまつりなので、つれていってもらいました。
(帰りのバス)
行くときよりは、きんちょうしませんでした。およそ15分ぐらいねました。

麻美
8/31
いよいよ新学期がはじまるよ!!ワクワク。みんなとあえるよ!!
たのしみ!!

昨日は、避難訓練が行われました。「給食室から出火」という設定です。消防署のレスキュー対からも来ていただき、消火訓練や梯子車を使っての避難も体験することができました。
消火器と梯子車については全員が体験するわけにもいきませんでしたので、前日希望者を募り、ジャンケンによって決めました。消火器体験をしたのは亜里沙さん、徹也君、大地君の3名、梯子車での避難体験をしたのは瑞紀さんです。貴重な体験ができてよかったですね。