演劇鑑賞会

良太
演劇鑑賞会の劇は、全部で四つありました。
一つ目は、『マッチ売りの少女』です。ぼくは、このお話で夜に出てきたおばあさんが男の人が役をしているのかなぁ?それとも女の人かなぁとふしぎに思いました。
二つ目は、『パンをふんだ女の子』です。インゲルという、わがままでけちな女の子が、あくまにつれていかれて石になったのでおもしろかったです。
三つ目は、『とうさんのすることはみんなすき』です。ぼくは、これがいちばんおもしろかったです。理由は、とりかえっこしまくっておかあさんにおこられるかと思った場面がおもしろかったからです。
さいごの四つ目は、『ある母親のものがたり』です。ぼくは、これがいちばん感動しました。理由は、母親がぼうやのためになんでもあげたからです。

亜里沙
今日の五、六時間目、げきを見ました。ぼうをつかってするげきでした。四つのお話がありました。
一つ目はマッチ売りの少女でした。わたしがすごいなと思った所は、少女がかべでマッチをすって火がついたところです。本当の火がついているようでした。
二つ目は、パンをふんだ女の子でした。わたしは、わるいことをすると、ばちが当たるんだなと思いました。
三つ目は、とうさんのすることはみんなすきでした。馬から牛へとりかえて、牛からひつじへとりかえて、ひつじからガチョウにとりかえて、ガチョウからにわとりにとりかえて、さいごににわとりからくさったリンゴにとりかえました。
おひゃくしょうさんは、のどがかわいのたでレストランによることにしました。レストランの中で休んでいた人たちに、そのことを話すと、そんをしたと言われたところがおもしろかったです。
四つ目は、ある母親のものがたりでした。ちょっとだけこわかったです。
ぜんぶおもしろいお話でした。

璃奈
三番目にやってくれたのがいちばんおもしろかったです。そのかんそうをお話しします。
こうかんするばかりのところがおもしろかったです。お母さんはあれがぜんぶすきだったということは、とうさんのすることはぜんぶすきだったんだね。ぜんぶもらったら、せわするのがたいへんだよ。
いちばんさいしょのものをとりかえたら、もうこうかんしなければいいのにね。あとしまつもたいへんなのにね。いちばんいいと言ったらガチョウじゃないのかな。くさったリンゴなんかもらってもしょうがないのにね。よくおこられないね。しぶちゃんのおくさんだったらどうかな?
(渋谷・・・「多分、ひっぱたかれていただろうね」)

瑞紀
今日は、体育館でえんげきをかんしょうしました。
四つげきを見ました。いちばんおもしろかったのは「父さんのすることはみんなすき」です。感動したげきは「ある母親のものがたり」です。なぜかというと、さいごに死神から子どもをかえしてもらえなかったからです。お母さんがかわいそうで、私はかなしかったです。