また・・・。だから・・・。でも・・・。

先週お伝えしたように、今日から教育実習が始まりました。3年生の教室には齋藤きみ代さんが入っています。若くて元気な齋藤先生の周りには子供たちの人垣ができています。給食いっしょに食べたり、昼休みもいっしょに鬼ごっこをしてもらったりと子供たちは大喜びです。

さて、2時間目。土曜日の自習時間に行った国語のテストの解答を行いました。その中に『でも』『だけど』『また』といった接続詞の正しい用法を問う問題がありました。このような言葉の使い方は、説明を聞いただけではなかなかに身に付きません。実際に使っていくことによって自分のものとなります。
そこで、今日いらした齋藤先生を題材にして次のような学習を行いました。

『さいとう先生は美人です。』(黒板に書きました)
この一文に続けて、「でも」「つまり」「だから」を使ってもう三つ文を付け加えなさい。黒板に書いてある文も入れて、全部で四つの文でできた作文を書くのです。ではどうぞ。

接続詞を使う順序は子供たちに任せました。
終わった子供には、
『渋谷先生はすてきです。』
『○○○○はよい子です。(○○○○は自分の名前)』
に続けて同じように作文を書いてもらいました。

最初の文が褒め言葉なだけに、子供たちは「でも」に続く逆接の文を書くのに苦労していました。(ただ、『渋谷先生はすてきです。』に続く逆接の文だけは何のためらいもなくズバズバと書いていましたが・・・)
それでは、できあがった作文をお読みください。

徹也
さいとう先生は美人です。
でも、声は小さいです。
だから、おとなしそうです。
また、かみは長くありません。

渋谷先生はすてきです。
でも、かみがたはむしゃむしゃです。
また、顔の形もへんです。
だから、こわいです。


さいとう先生は美人です。
また、おもしろそうです。
だから、遊んでくれそうです。
でも、びっくりしているみたいです。

渋谷先生はすてきです。
また、へんなことをします。
だから、おもしろいです。
でも、本当はすてきじゃありません。

実里
さいとう先生は美人です。
また、かわいいです。
だからモテモテです。
でも、年がわかりません。

渋谷先生はすてきです。
また、モテモテです。
だから、おくさんもいます。
でも、白髪がいっぱいあります。

良太
さいとう先生は美人です。
また、やさしそうです。
だから、ゆかいだと思います。
でも、こわそうです。

麻美
さいとう先生は美人です。
また、やさしそうです。
だから、楽しい先生になれると思います。
でも、わかりません。

渋谷先生はすてきです。
また、おもしろいです。
でも、33さいです。
だから、やだ。

和平
さいとう先生は美人です。
また、カッコイイです。
だから、スーパーマンみたいです。
でも、よく食べそうです。

渋谷先生はすてきです。
でも、白髪があります。
だから、おじいさんみたいです。
また、こわいです。

和平はよい子です。
だから、いいことばっかりしています。
また、ゲームもうまいです。
でも、うんどうはきらいです。

亮介
さいとう先生は美人です。
また、大学生です。
だから、栄小に来ました。
でも、まだ先生ではありません。

渋谷先生はすてきです。
また、頭もいいです。
だから、先生です。
でも、おこるとこわいです。