NO.19

子供たちがどのくらいの語彙をもっているかご存じですか。そして、みなさんはどのくらいの語彙をおもちですか。
突然、そんなことを聞かれても分かりませんよね。私だって、分かりません。そんなことを意識したことはありませんから。
次の文章をお読みください。

みなさんは、今、どのくらいの数のことばを使って、毎日をすごしていると思いますか。子どもはふつう、小学校に入学するまでに五千語のことばを身につけているといわれています。そして、小学校・中学校の九年間で、なんと、三万語ものことばがわかるようになるようです。ふつうの大人の人は、およそ四万語のことばがわかり、一万語ほどのことばを使ってせいかつしているといわれますから、三万語のことばというのは、ほんとうにおどろくほどの量です。
小学校に入学するまでの五千語は、知らず知らず身についたものですが、これを、九年間で六倍の三万語にするには、毎日のことばの生活をたいせつにしなければなりません。

昨日から、国語辞典の学習を始めています。上は、実里さんの国語辞典の「はじめに」に書かれていた文章です。
国語辞典を使いこなせるようになると・・・
@ 思考力が高まる
私たちが「考える」時には、当然のことながら「言葉」を使います。つまり「思考」とは言葉の操作によって成り立っているわけです。ですから、語彙が豊富であればそれだけ幅の広い思考ができることになります。
4年生くらいの年齢になると、だんだん抽象的な思考ができるようになってきます。この時期に国語辞典を使って語彙を増やしていくことは、思考力を高めることにつながるのです。

A 自分で学ぶ力が高まる
国語辞典を使いこなせるようになることで、子供たちの知的世界は一気に広がりを見せます。なぜなら、国語辞典は知識を得るための大きな武器となるからです。
さらに、国語辞典が使いこなせるようになると、百科事典もひけるようになりますし、地図帳の索引も自在に使えるようになってきます。国語辞典は、自己学習能力をアップするための大切な道具なのです。

さて、前置きはこのくらいにして、子供たちと国語辞典との出会いについてお伝えしましょう。
国語辞典のない状態で、こんな問いを出してみました。

(「右」と黒板に書いて)どういう意味ですか。みなさんが国語辞典をつくる人になったつもりで、その説明をノートに書きなさい。
子供たちからは「エ〜ッ」という声。分かり切ったこの言葉の意味を改めて説明せよと言われて困っているのです。
さらにこの時間、「左」「上」「下」「赤」「青」「白」についてもその意味を書かせてみました。みなさんなら、どのように説明しますか。
子供たちが書いた説明をいくつか紹介してみましょう。
【右】
・自分から見て→がわ
・はしを持つ方
【左】
・自分から見て←がわ
・ちゃわんを持つ方
【上】
・自分から見て↑がわ
・自分の背より高いところ
・雲のあるところ
【下】
・自分から見て↓がわ
・ゆかのある方
・自分の背より低いところ
・ありのいるところ
【赤】
・血の色
・○つけの時に使うペンの色
【青】
・信号のいちばん左
・晴れている日の空のような色
【白】
・雲の色
・羊の色

紙面が尽きてしまいました。続きは次号で。