NO.57

音楽祭が終わりました。
私がごちゃごちゃ書くよりも、子供たちに語ってもらいましょう。

今まででいちばんうまい

「テゥルルテゥルルチッチチチ」
しぶちゃんがピアノをひいていた。わたしたちはおどっている。「歌よひびけ」は今まででいちばんうまかった。わたしは、始まる前、すこしだけドキドキした。出だしも自分ではうまくいった。「歌よひびけ」はうまくできた。
次は「はじめの一歩」を歌う番が来た。Aが前に出たら、みんながシャキッと前を向いた。最後のところになったら、しぶちゃんがまちがってしまった。そのとき、
「人にまちがえるな。と言っといて自分でまちがっているじゃないか。」
と思った。
「砂浜で」も上手に歌えてよかった。

きんちょうした

もう今日の朝からきんちょうしている。
ぼくたち、が歌ったりするのは三番目だ。
最初の方だったから、○○小学校の歌なんか聞いていられなかった。なぜなら、急いでいたからだ。
そして、ぼくたちの番がやってきた。
ぶ台の上はすごくまぶしかった。すごくいい天気の日に太陽に顔を向けているようだ。
始まった。ぼくはきんちょうのしすぎで歌っているとき、ふるえてしまった。
はじめの一歩の最後に先生がミスってしまった。
三十四才にもなって、ミスってしまうなんてはずかしいね。やっぱり、練習不足じゃない。

タイトルの「大」に?がついているのは、私のせいです。まったくもって、面目ない。