NO.63


初めてのアイマスク体験をしてみての子供たちの気付きや感想を紹介します。


・先生のところまではけっこう遠いと感じた。
・声や手拍子で合図をもらうと分かりやすい。
・人ごみの中に入るとぶつかったりする。


・私は目が見えるからあまりこわくなかったけれど、本当に目の見えない人はとてもこわいんだなぁーと思いました。


・目の見えない人は人にぶつかったり、ものにつまづいたり、自由に自分の行きたいところへ行けなくてすごく大変だなと思った。


・目の不自由な人が一人でいるとどんなに大変かが分かった。


・目の見えない人が一人のときは、道が分からないけれどどうするの?
・手拍子をしてもらったので、早くあくしゅでき、早く自分の席にもどれた。


・自分が動くと何かにぶつかる。
・つえを持っていても、ぜんぜんどこへ行けばいいのかわからない。


・目の不自由な人は大変そう。物にぶつかりそうなことがいっぱいある。とってもこわくて大変だと思いました。


・先生が遠く思った。
・つえでたたくと道を思い出す。
・手拍子や声を出しても分からない。


・どうしてアイマスクをして折り紙をするとへたくそな三角なの?
・手をたたくと分かりやすい。


・人とぶつかるから不安。
・どこに誰がいるのか分からないし、自分の席も分からなかったから不安だった。


・さいしょ折り紙を折ったときは10秒だったけれど、アイマスクをつけたら、29秒に落ちてしまった。


・もし目の不自由な人が一人で歩いていたら、電信柱とかにぶつかる。


・目の見えない人はどうやって生活をしているのか不思議でした。
・目が見えない人は不自由になったばかりのときはどう思ったんだろう?
・私だったら、人がいっぱいいるところはこわくて行けないと思います。だからすごいと思います。


・アイマスクをかけると、きゅうに前が真っ暗になったので、はじめのうちはびっくりしていた。手を前に向けて探りながら歩かないと物にぶつかってしまうため、少しあぶなかったです。


・最初は何も使わずに言ったら、すごく時間がかかったけれど、杖をついて行ったら、早く帰ってこられました。何で杖を使うと早くできるのか不思議。


・アイマスクをすると目の前が真っ暗になって、こわくなった。


・目の不自由な人は大変だと思った。どうやって生きていけるのか?


・自分でアイマスクをつけて歩いてみたが目の前が真っ暗なので、何一つ分からない。
・目の見えない人は何も見えないのに、ぼくたちとにている生活をしているのはすごいと思った。


・どんなガイドヘルプをしてもなれないとあんまりこうかがないと思う。目の見えない人はどうやって、そこら中を歩いているのか不思議。


・目が見えないとどこに何があるか分からないから大変。物にぶつかるからこわい。


・最初は探している人がどこにいるのか分かるけれど、目をかくすと遠く感じる。
・杖でつっついていくと、物に当たる音がして分かりやすい。
・目の不自由な人の毎日の行動が知りたい。