めあてをスピーチする

新学期早々、第1週目から流行遅れの風邪でダウン。金曜日は教室を空けてしまいました。寒い季節が過ぎ、油断があったのかもしれません。ご迷惑をおかけしました。

さて、先週、子供たちに「自分のめあて」をテーマにスピーチをしてもらいました。『FUTURE』NO.3で、全校集会で6年代表として行った友哉さんのスピーチ原稿を紹介しました。今回は、教室内ではありますが、全員にスピーチをしてもらったのです。
当然、スピーチの前に原稿を書いてもらわねばなりません。次のように書かせました。
まずは、全員に400字詰め原稿用紙を配布します。20字×20行の原稿用紙です。

全部で20行あります。全体を「2行、7行、7行、2行、2行」の五つに分けます。行の区切りに赤鉛筆で線を引きなさい。
最初の2行は「はじめ」です。ここには、あいさつとテーマを書きます。何についてスピーチするのかをここで宣言するのです。
次の7行は「なか1」です。一つ目のめあてと理由を7行で書きます。
続く7行は「なか2」です。二つ目のめあてについて、「なか1」と同じように書きます。
次の2行は「まとめ」です。二つのめあてについて、自分の決意をまとめなさい。
最後の2行は「むすび」です。スピーチの締めくくりです。聴いている人への呼びかけを書きましょう。

上の指示にしたがって書くことにより、「はじめ」「なか1」「なか2」「まとめ」「むすび」という五つの段落で構成されたスピーチ原稿ができあがります。文章の基本的な型を学ばせるためです。
できあがったスピーチ原稿が次です。

飛夢
おはようございます。飛夢です。ぼくのめあては二つあります。
一つ目は、あいさつです。ぼくの地区の中継には、朝、いろんな人が歩いています。ぼくがあいさつをしなくても、向こうからあいさつをしてくれます。元気な声であいさつをすると、とても気持ちいいです。声をかけてもらったときもうれしいし、ぼくが声をかけて元気な返事が聞けたときもうれしいからです。
二つ目は、やさしさです。ぼくは、今年最高学年なので、下の学年に分からないことを教えてあげたいです。友達にもやさしくしてあげたいです。ぼくは、父や母から、
「友達は一生の財産だぞ。」
と言われています。だから、友達や家族にやさしくしてあげたいです。
あいさつはみんなの心を明るくさせてくれます。みんなも元気にあいさつをしましょう。
これが、ぼくのめあてです。みなさんも自分のめあてに向かってがんばってください。

澄佳
おはようございます。澄佳です。みなさんは、自分のめあてを決めましたか。私のめあては、これから話す二つです。
一つ目は、英語をがんばるということです。英語は○○小のスローガンにもあったし、中学になって困らないようにするためです。
二つ目は、家の手伝いです。私は今まで、手伝いは言われてからやることがほとんどでした。言われるから、いつも「いやだな」と思いながらしていました。だから、今年は自分から進んで手伝いをしようと思います。そうすれば、いやだなと思うこともないし、家の人の役に立てます。
この二つのめあてを達成できるよう、一生懸命やろうと思います。
みなさんも、自分の決めためあてに向かってがんばってください。

裕太
おはようございます。みなさん元気ですか。裕太です。ぼくが、一年間がんばることは二つです。
一つ目は友達です。ぼくは、○○小学校に来たばかりだから、友達をいっぱい作って友達を大切にしたいです。いっぱい遊んでいっぱい楽しみたいです。
二つ目は勉強です。5年生の時、勉強の中で社会、国語、図工がダメだったから、6年生ではきちんと社会、国語、図工を勉強して成績をよくして、中学生に備えたいです。
この一つ目と二つ目をちゃんと守りたいです。
みなさんも、勉強をきちんとして、友達をいっぱい作って遊んでください。

原稿を書いた日、スピーチの準備をしてくることを宿題とし、翌日、全員がスピーチをしました。一人残らず全員が堂々とスピーチをすることができました。拍手。