運動会 子供たちの声

運動会、子供たちの声です。

瑞穂
私は運動会で失敗したこととくやしかったことがある。それは、次の通り。
くやしかったことは、綱引きだ。なぜかというと・・・。4対2でボロ負けだったからだ。マル秘作戦があったのに使わなかった。「ああ、マル秘作戦使えばよかった」と今でも後悔している。綱引きは、絶対負けたくなかった。「でも、勝負は勝負だから・・・」とても、くやしいなぁ。
失敗してしまったことは、ファミリーダンスだ。理由は、少し忘れてしまったところがあったからなのだ。でも、なんとかスキップでごまかした。「これは、絶対ダンスのトロフィーもらえないだろうな」と思った。それにもう一つ、ダンスで失敗したことがあった。でも、みんなでがんばったから、これでいい。
くやしかったこと、失敗したこともいい思い出になるだろう。
来年は、中学生だ。中学の運動会でも力を出し、がんばりたい。

佑介
暑い。体が焦げそうな運動会の途中のことだ。
午前の部は、騎馬戦を5,6年でやった。ぼくたちは鶴翼の陣をしきながら、白組の方へ向かっていった。だんだん鶴翼の陣はくずれていったけれど、1回戦と2回戦、どっちも勝ったから騎馬戦は赤組の勝ちだった。3回戦もやりたかったなと思った。
午後の部は、借り物エイGO!をやった。ぼくのときは、「銀色のものを借りてくる」だった。ぼくは、すぐに本部の方へ行って、デジカメを借りて2位になれた。1位がよかったが、練習より順位が上がってよかった。
結果は、白組が優勝したけれど、応援で優勝したからよかった。
今年は負けたけど、来年6年になる人にがんばってもらいたいとおもった。

京香
○小では、最初の運動会。私にとっては小学校最後の運動会。がんばったことは、次の二つ。
一つ目は応援だ。私は今年も応援団に入った。毎日毎日ステップアップタイムの時に練習をし、のどがカラカラになった。放課後なども応援団の女子でダンスを考えた。当日。緊張でうまくダンスができなかった。応援賞、ムリカナ。と思ったこともあった。でも、競技の時、その穴ふさぎをがんばり、5点差で応援賞を取ることができた。
二つ目は騎馬戦。私たちの作戦は、鶴翼の陣という作戦だ。Vの字型で攻めていき、相手をはさみこむ作戦だ。本番までに練習時間はない。しかたないので、練習はしなかった。そして本番。「ピー」笛が鳴り、始まった。結局、作戦通りにはならなかったが、ストレート勝ちしたので、うれしかった。
結果、私たちは応援賞を取ることができたが、競技では賞がもらえなかった。
来年は、中学校。私には小学校の運動会は関係ないけれど、今年同様がんばってほしい。

ひかり
借り物エイGO!をやって1位になった。私は負けると思った。でも、うれしかったよ。
スタートする前に先生が英語で、
「グリーン」
と言った。私は緑のものを探した。赤組の奈々美さんが緑のリボンを貸してくれた。先生に見せたら、○をもらった。そして、紙を見たら「4」だった。コーンの周りを4回回った。何とか1位になった。
100m走では3位になった。猪股先生が
「位置について、用意」
と言ったあと、
「バッン」
とピストルでうった。私は全力で走った。3位になれて本当によかった。
エイGO!で1位になり、100mで3位になれてよかった。
赤組は優勝していないけれど、くいのない運動会でよかった。

友哉
ぼくが運動会でいちばん驚いたことを話す。それは、ぼくのファミリーがダンスで最優秀賞を取ったことだ。
閉会式で結果発表の時に入賞組が発表された。絶対、キッズプロジェクトは選ばれないと確信していた。優秀賞はキッズ王国とキッズ8時だよ!全員集合だった。そのとき、もっとがんばればよかったと思った。
「最優秀賞の発表です」。
と放送が鳴った。ぼくは赤組が応援賞をもらえるかどうかを気にしていた。
「最優秀賞はキッズプロジェクトです」
え!ウソとみんなが言った。ぼくは、何かの手違いじゃないのと思った。
そして、トロフィーをもらった。心残りはひろよしとふみやが最後に側転をするはずだったけど、できなかったこと。あと、もっと工夫して元気よくやればよかったことだ。でも、いちばんの勝因はふみやとひろよしが最後の方でボンバイヤーとさけんでくれたことだと思う。
この運動会は、今まででいちばん楽しい運動会だったと思う。
来年も楽しくしてほしい。

統合後、初めての運動会。どの子供たちも本当に楽しかったようです。