朝食作り(その2)

昨日行った調理実習「朝食作り」の様子です。グループの計画にしたがって、着々と作業を進める子供たち。なかなかの手際のよさです。

トントントン。野菜を刻む音が響きます
さぁ、完成間近!

雅子
「ハイ、始めてください。」
という先生の声とともに作り始めた。私は野菜を切る係だ。澄佳さんが、みそ汁係、友哉さんがウインナー係、雄生さんが卵係。それぞれ、自分の係の仕事を始めた。
私は、まずキュウリから切り始めた。そして、トマト、とうふ、ねぎ、にんじん、キャベツ、他にもいろいろと切っていった。
みそ汁ができあがった。後は野菜いためだけだった。油をしいて、具を入れた。そして、塩、コショウで味付けをしてできあがった。
みんなで「いただきます」をして食べ始めた。なかなかおいしかった。
少し経つと給食が来た。みんなが「くえねーよ」といいながらも食べていた。がんばって全部食べた。キュウリがあまったので、何かにして食べられないものかなと思った。キュウリに塩をかけて配ったら、みんなが「ちょーだい!」と言ってくるのであげていたらなくなった。
学校で学んだことを生かして、家でもやってみたいと思う。


「いよいよ今日は調理実習だぁー」
でも、卵を上手にゆでることができるかな。いままで一回もゆでたことがない。卵をしっかり洗って、なべに入れ火にかける。ここまでは順調だ。ふっとうしたら、弱火にして4,5分だ。よし、できたぞ。ゆで卵のからをとって、ゆで卵を半分に割った。やったー。大成功だ。ふぅー。よかった。半熟だ。今度家で、ゆで卵を作るときは、一人でやってみよう。
次にウインナースープ。ふっとうして、固いにんじんを入れて、1分後にたまねぎ。そのまた1分後にキャベツ。最後に塩・コショウを加えてできあがり。
すべてのことが終わり、いっただきまーす。最初にサラダを食べた。パク・・・。うまーい。スープもうまーい。どれもみんなおいしかった。でも、その幸せがこわれることに・・・。ガタガタ。給食のコンテナが運ばれてきた。もうおなかがいっぱいだった。ちょっとずつ食べていった。給食は残しちゃった。