『やまなし』

1学期最後の国語教材『やまなし』の学習をしています。宮沢賢治の作品です。この物語、これまで子供たちが読んできた物語とは、かなり異なります。

一人で何度読んでも、何を言おうとしているのか分からない。

からです。しかし、だからこそ授業を通して全員で学ぶ価値があるとも言えます。ここまで4時間学習をしましたが、今の段階ではまだ「分からなさ」は未解決です。
以下は、子供たちが1時間目に書いた感想です。

洋介
作者の考えた言葉や場所などがおもしろかった。子供のかには7か月経ってもかわせみにビクついている様子を感じた。お父さんはたくましい。

雅子
「クラムボンは笑った」と書いてあるけれど、クラムボンの意味が分からない。でも、カニの兄弟があわの大きさを競っていたのはいいと思う。

琴美
最後の方はけっこう意味が分かってきたけれど、最初の方はまったく意味が分からなかった。特に「イサド」とか「かぷかぷ笑った」とか、最初の一文がいちばん意味不明だった。

澄佳
周りの景色の表し方がきれいだし、作者の作った言葉があったりして、おもしろい。また、クラムボンとか意味の分からない言葉もあるけれど、そこがいいと思う。

瑞穂
私は「やまなし」の話が気に入った。なぜかというと、「クラムボン」や「イサド」という作者が作ったおもしろい言葉が入っているからだ。

幸樹
「クラムボンは死んだよ」と書いてあって、ちょっとこわい感じがする。しかも、最初に「クラムボンは笑ったよ」と書いてあって、いきなり「クラムボンは死んだよ」と書いてある。

夏美
全体的にあまり意味が分からない。とくにクラムボンというのは何なのか。でも、それも逆におもしろいかなと思った。

ひかり
クラムボンが死んでかわいそう。でも、やまなしがひとりでにおいしいお酒になるので、いいなと思う。


「やまなし」の物語は、けっこういい物語だと思う。また、クラムボンはわけが分からなくておもしろい。

友哉
クラムボンという言葉は作者が作った言葉だから、そこがおもしろい。意味はよく分からない。また「やまなし」という言葉は最後しか出てこないのに、それが題名なのはおかしいと思う。

飛夢
いろいろな物を例えている。どんどん読んでいると、自分の情景が思い浮かんでくる。川の中の世界が別の世界のような気がする。

京香
作者の言葉の意味はよく分からないけれど、きっと分からないからおもしろいのだと思うし、やまなしという言葉は少ししか出てきていないのに、題が「やまなし」だから不思議。

明里
やまなしとは何か分からなかった。

和希
題名は「やまなし」よりもかにのことを題名にした方が合っていると思った。わけの分からないことがあるから、(特におもしろくもなく)普通だ。

佑介
この文の中に作者が作った言葉や恐ろしい言葉などがあるけれど、そういうところがいいなと思った。

翔太
ぼくは、この物語はちょっと分からなかったけれど、クラムボンは最初に笑っていて、感動した。

裕太
クラムボンがいきなり死んだなんてかわいそう。宮沢賢治さんがむかしから童話作家だったとは初めて知った。

裕大
ぼくは、この話を気に入ってしまった。やはりすごかった。前から思っていたが、クラムボンとは作者オリジナルの言葉なのだ。この物語はどちらかというと作者の頭の中で想像した国だろう。

雄生
クラムボンやイサドなど、作者が作った所や物がたくさんあって、わけが分からないから、ぼくはあまり好きではない。

あずさ
ここは、谷川なのに別な世界のようだった。やまなしはどんなものなのか知りたい。それに、やまなしがお酒になるなんてびっくりした。

5分程度で読めます。保護者のみなさんも是非ご一読を。