Let's measure your body size!

今日は、Kabeerさんの来校日。いつものように英語活動を行いました。本号でお伝えするのは今日の学習ではなく、今月7日に行った学習の様子です。
この日のテーマは「測ってみよう」。メジャーを使って自分や友達の体のサイズを測りながら、100以上の大きな数の言い方を学びました。
子供たちは既に99までの数は大体聞き取ったり言ったりできるようになりつつあります。そこで、まずは復習。黒板に貼られた99までの数字シートを使ってKabeerさんといっしょに練習します。その後、100(one hundred)〜900(nine hundred)の言い方を教えてもらいました。hundredの発音が少々難しかったものの、これはクリア。546(five hundred forty six)といった数字も思ったよりスムーズに言えるようになっていきました。

続いて、私がKabeerにいくつかの質問をし、彼がそれに答える様子を子供たちに聞かせました。(Sは渋谷、KはKabeer)

S:How tall are you?
(身長はどのくらい?)
K:I'm 172 centimeters tall.
(172cmだよ。)
S:How many centimeters is your foot?
(足のサイズは何センチ?。)
K:My foot is 29 centimeters long.
(29cmだ。)
S:Can I borrow your shoe?
(靴を借りていいかな。)
K:OK.
(いいよ。)
S:Tomoya, can I borrow your shoe? Which is bigger?
(友哉さん、靴を借りていい?さあ、どっちが大きいかな。)

Kabeerさんの靴のサイズは29cm。友哉さんの靴と並べると、友哉さんの靴がそのまま入ってしまいそうです。その大きさに子供たちは驚きの声を上げます。

S:How many centimeters is your arm?
(腕の長さは何センチ?)
K:I don't know.
(分からないなぁ。)
S:May I measure your arm?
(測らせてもらっていい?)
K:Sure.
(もちろん。)

OK. Let's measure your bodies and write down your size on the sheet.
(よし、みんなの体のサイズを測ってワークシートに書いていこう。)

子供たちは、グループの中でお互いにサイズを測り合いながら、ワークシートに記入していきます。Kabeerさんと私は、子供たちの間を回りながら、How long is your leg?等と尋ねて回りました。友達同士、楽しそうに測り合う子供たち。もちろん、この時間だけで「大きな数」の言い方が身に付くはずもありませんが、かなり慣れることはできたようです。

数字シートを使って、数の言い方を復習します。 さあて、みっちゃんの身長は?みんな注目。
頭の周りは何センチかな。イテテ。ちょっと、強く引っ張り過ぎだよ。 How many centimeters is your palm?
Kabeerさんに手の平のサイズを聞かれている矢野さん。答えられたかな。