まるごと山北

献立表でご承知のとおり、昨日の給食メニューは「まるごと山北町メニュー」でした。どんなメニューだったのでしょうか。校内放送では、次のように紹介されました。

今日は、山北町でとれたものだけで作った給食です。ごはん、実だくさんみそ汁、塩引鮭、アスパラ菜のお浸し、赤蕪漬け、牛乳です。
給食に使った食材のお話をします。ごはんは、山北町で作られたコシヒカリ100%のお米で、今年とれたての新米です。真っ白くて、つやつやしていて、かめばかむほどにおいしい米です。実だくさんみそ汁には、キャベツ、人参、玉ねぎ、ジャガイモ、ネギ、卵が入っています。卵は中浜の富樫養鶏場さんの卵です。大きくて、産みたての新鮮な卵です。キャベツは北黒川、人参は碁石、玉ねぎは越沢、ジャガイモは北田中、ネギは中継でとれました。塩引鮭は、山北町の漁協で作ってもらいました。
アスパラ菜のお浸しは、アスパラ菜、白菜、人参を使っています。アスパラ菜は中継、白菜は杉平、人参は碁石でとれました。赤蕪漬けは、山熊田の生業の里で漬けたものです。一つ一つ丁寧に漬けてくださいました。愛情たっぷりの赤蕪漬けです。
山北町の味覚をたっぷりと味わってください。そして、今日のために協力してくださったみなさんに感謝の気持ちで食べましょう。

この日の給食後、6年生を対象にアンケートがとられました。子供たちは、どのように感じたのでしょうか。アンケート用紙に書かれた子供たちの感想をお読みください。

和希
山北町の料理はけっこうおいしかった。コシヒカリ100%といっても、あまりちがいは分からなかった。いちばんおいしかったのは、かぶづけ。でも、鮭もおいしかったなぁ〜。鮭は家でも食べたことがあるし、家にもつるしてある。なぜか、いつもの給食よりおいしく感じられた。なぜかは分からない。
(中略)
美食家ではないから、詳しくは言えないが、いつもよりおいしいということは確信できた。
でも、ぼくも一つだけどうしても食べられないものがある。それは、しいたけ。だから、この日の給食で、のっぺが出ることをいちばん恐れていたのだ。食べられるようにがんばろう〜。

京香
山北町の食材を使った今日の給食・・・。アスパラ菜って、山北町でも作られているのか・・・、今日初めて知りました。
赤かぶや鮭の塩引はふだん家でも食べています。この辺の家はほとんどがそうでしょう。だから、好きな人もいれば、「これ、もうあきたんだよな」と、そんな声も上がってきました。
(中略)
ふだんは、なにげなく食べている給食で、本当のことを言うと感謝して食べてはいませんでした。すみません・・・。でも、今日の給食は感謝して食べることができました。
山北町でどんな食材があって、こんな使い方もあるのだなあと考えることができてよかったです。
最後に、私たちの給食にたずさわっている方々へ。いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。


今日の給食で、ぼくのきらいな魚が出た。でも、一口食べると塩の味が良くて、鮭の塩引はおいしかった。どんどん、食べた。皮は残してしまったけれど、鮭が好きになった。
赤かぶ漬けは、家でも食べている。給食の赤かぶ漬け、家の赤かぶ漬け、どっちも味はちがうけど、両方の赤かぶ漬けが大好きだ。
今日の給食の中で、鮭の塩引がいちばんだったけれど、赤かぶ漬けもおいしかった。
今日で、一つ好きな食べ物が増えた。これからも好きな食べ物を増やしていきたい。

琴美
今日は、「まるごと山北町の日」ということで、学校の給食全部が山北町のものだった。米も魚も卵も野菜も。すべてが山北町。私は今日の給食がいつもとちがう味がしたような気になった。
机の上にのっている給食を見てみた。まず私は、お米を見た。教室の電気の光でお米がすっっっっごくかがやいていた。いや、電気の光ではない。作った人の愛情でかがやいているのだ。食べてみてすぐ分かった。作った人の・・・愛が・・・。
次に、給食全体を見た。鮭の塩引は、強めの塩がごはんにかなり合っていたし、汁も細い卵と野菜の相性バツグン!!野菜もいい味付けでした。
私は今日、給食を全部一つも残さず食べました。やっぱり、自分の町の作物だからかなぁと思う。これからも、できるだけ給食を残さないようにしたいです。

来週、金曜日は調理実習。今度は、自分たちで考えた献立を自分たちで作ります。この日、6年1組は給食なしです。失敗したら、昼飯抜きの大ピンチ?