サンタが学校にやってきた!

教卓に飾ったクリスマスツリー
What do you want for Christmas?

昨日の英語活動です。写真をごらんいただいてお分かりのとおり、この時間のテーマはクリスマスです。教卓の上にはクリスマスツリーを飾り、前面にはデコレーションを下げて授業スタート。CDで"Santa Claus Is on His Way"を流すと、"HO! HO! HO!"笑い声とともにサンタクロースが入ってきました。Kabeerさんに扮装をしてもらったのです。クリスマスムードが一気に高まります。

How do you celebrate Christmas in Canada? Could you talk about that?
(カナダでは、どのようにクリスマスを祝うのですか。話してくれますか。)

Kabeer先生にお願いして、カナダのクリスマスについて話をしてもらいました。もちろん、すべて英語です。話の後、子供たちに聞いてみたところ半分程度は内容を理解できたようでした。立派立派。

続いて行ったのは、"Christmas Colors, Christmas Sounds"というチャンツです。チャンツというのは、リズムに乗せて英語を歌のように発話していくものです。

What color can you hear? What sound can you hear?
(どんな色が聞こえるかな。どんな音が聞こえるかな。)

こんなふうに問いかけて、まずはCDを聞きます。初めて聞くチャンツなのにもかかわらず、きちんと聞き取ることができていて驚きました。その後、子供たちに絵カードやベル、リボンなどを持たせ、CDを聞きながら、自分がもっているものを上にあげる活動をしながらチャンツを楽しみました。

Can you see a red fox?
ねぇ、ねぇ、見える?

この時間三つ目の活動は、絵本の読み聞かせです。私とKabeerさんがカエルのパペットを使いながら、"Hello, Red Fox"という絵本の読み聞かせを行います。子供のカエルが、誕生日にいろいろな友達を招いていくというお話です。私がママのカエル、Kabeerさんが子供のカエルの役を演じました。
この絵本、しかけがおもしろいのです。Red Foxというタイトルなのにもかかわらず、表紙の絵は緑のキツネ。いきなり不思議です。
しかけはこうです。
下の絵をごらんください。読み聞かせ後にクリスマスプレゼントとして子供たちに配ったクリスマスカードです。赤いクリスマスツリー?いいえ、あわててはいけません。赤いツリーの中央にある黒い点を10秒間見つめてください。続いて、右の黒い点に目を移し、3秒ほど我慢します。すると、あら不思議。緑のツリーが見えたでしょう。この仕組みを使って、絵本の中には様々な色の動物たちが登場するのです。子供たち、真剣に絵本を見つめていました。

ツリーの中の黒点を10秒見つめます。
右の黒点を見つめながら3秒我慢します。すると・・・。

この時間の最後は、みんなでクリスマスツリーを作りました。ペーパークラフトです。作り方をKabeerさんに説明してもらいます。時間切れで、デコレーションを付けるところまではできませんでしたが、思い思いのツリーが子供たちの机上に並べられました。

Have a Merry Christmas and Happy New Year! See you next year!

今年最後の来校となったKabeerさんにあいさつをして授業終了。楽しい楽しいクリスマス授業となりました。