象の・・・

昨日は、1時間目に英語活動を行いました。
上(左)の絵を見せながら問います。

Who drew this picture?
(誰のこの絵を描いたのでしょう。)

もちろん、いきなりそう尋ねられても分かるはずがありません。
さらに、上(右)の紙片を全員に配り、問います。

What is this paper made of?
(この紙は何でできているのでしょう。)

「木?」「牛乳パック?」
こちらは、何名かが予想を発言しました。顔を近づけて匂いをかいでいる子供も。

答えは告げず、1本のDVDを見せました。タイの象キャンプの映像です。DVDの中で、象たちは水浴びをしたり、楽器を演奏したり、サッカーをしたりしています。時折、DVDを一時停止し、次のように問いながら、象の行動を予想させていきました。

What are they going to do? They are going to play musical instruments. What kind of musical instruments are they going to play?
(象たちはこの後、何をするでしょう。実は、楽器を演奏するのです。どんな楽器だと思いますか。)

冒頭の問いの答えが推測できたでしょう。そう、この絵は象が鼻で筆を持って描いた絵なのです。では、紙は?
DVDでは、

100% DUNG

というポスターの映像が流れています。

This paper is made of elephant's dung.

「えっ、象の何でできているって?」
子供たちは、まだ怪訝そう。

DUNG・・・糞
そう、この紙は象のウンチからできた紙なのです。100%、象のウンチです。

子供たちからは悲鳴にも似た声が。先ほど、顔を近づけて匂いをかいでいた子供たちは・・・。
もちろん、匂いなどしません。子供たちを落ち着かせながら、紙ができるまでの工程をDVDで見ていきます。

WASHING(洗って)→BOILING(ゆでて)→SPINNING(かき混ぜて)→WEIGH INTO BALLS(重さを量って)→SIFT OVER FRAME(ふるいにかけて)→DRY(乾かして)→PAPER(紙の出来上がり)

この紙はプレゼントしますから、お家に帰ったら家族にクイズを出してごらんなさい。

子供たち、やりました?