5までのたし算

 算数の学習も、いよいよ算数らしくなってきました。昨日から「たし算」の学習に入ったのです。
 たし算の前に「いくつといくつ」という学習があります。この学習は+とか−とか=というような記号は出てきません。
 左のような形(略)で「3は2と1にわかれます」という学習をするのです。我がクラスでは両手でおはじきをかくして、数当てゲームをしながら学習しました。
 教科書ではこの調子で10までの合成と分解まで一気に進みますが、私は5までで区切って学習することにしました。5までの合成と分解が終わったところで、答えが5までのたし算をやってしまうことにしたのです。
 子供たちの様子を見ると、今の段階では5までの数を操作するのが精一杯のようだからです。1年生にとって、6以上の数の操作というのは想像以上に難しいものです。片手の指で数えられる範囲を超えると混乱するようです。10以上の数などと言おうものなら、足の指までも総動員しなければならなくなります。
 1年生の後半から2年生になって算数が分からなくなる子供は、たいてい5までの数の操作が自由にできません。ここで、5までの数を自由に操作できるまで練習させたいと思い、5までで一端切ったのです。

 さて、昨日の授業では次のように学習が進みました。
 まず、右のように黒板に絵を描き(略)、リンゴの絵を貼りました。
 そして、

 和美さんのリンゴ2個と敢くんのリンゴ3個をいっしょにすると5個になります。

といいながら、リンゴの絵を動かしました。
 さらに、黒板に『3と2をいっしょにすると5になります。』と書きました。

 『3と2をいっしょにすると5になる』
 いつもこう書いていたら、面倒ですね。ですから、算数の国の言葉ではこれを『3+2=5』と書いて、『3たす2は5』と読みます。一緒になることを+と言うんだよ。

 こう説明してノートに書かせました。黒板には下のように書いて補足しました。(略)

 これだけでは不十分ですので、私が絵のリンゴを動かし、その動きを見ながらノートに式を書かせました。
 たし算には、
『赤いリンゴ2個と黄色いリンゴ3個をいっしょにすると何個ですか』
というような異質のものの合併、
『にわとりが2羽いました。そこへ3羽来ました。全部で何羽になりましたか』
というような添加の問題がありますが、今日は、たし算の典型的な問題である「同質のものの合併」を学習したのです。
 昨日の宿題プリントには計算問題を出しましたが、子供たちはどんなようすでやっていましたか。教室で、
「今日の宿題には今勉強したたし算の問題が出ているよ」
と言うと、
「ヤッター!」
の大歓声だったのですが・・・。

back