さて、どんな夏休み?

夏休みが終わりました。子供達は今日、どんな思いで登校してきたのでしょうか。

A.あ〜あ、もう夏休みが終わっちゃった・・・
B.よし、やっと夏休みが終わったぞ!

もちろん、Aですよね。でも、お家の方達はもしかしたらB?わたしは、もちろん?です。
さて、8月9日のレインボーに、子供達に是非してほしいこととして次のように書きました。

☆体を動かして、いっぱい遊ぶこと
☆本をたくさん読むこと

「いっぱい遊ぶ」できたでしょうか。
できましたよね。何といっても遊びは子供達の得意科目ですものね。真っ黒に日焼けした顔・顔・顔。エネルギーいっぱい充電できましたか?ソーラーシステムのように太陽を浴びた分だけ元気になってほしいと思っています。それにしても、大きな事故もなく、本当によかったと思います。
私もいっぱい遊ばせてもらいました。結婚後9ヶ月ほどおあずけになっていた旅行に行ってきました。21日の登校日も休ませてもらい、子供達には迷惑をかけてしまいました。お詫びといっては何ですが、(約束通り)お土産をもってきました。絵はがきとコインです。
旅行先から暑中見舞いの絵はがきをだそうと思っていたのですが、余裕がなくはがきだけになってしまいました。(みんな、ごめんね。)コインの方は、子供によってばらばらです。フランスのものがいった子もいれば、イギリスのものがいった子もいます。但し、向こうではれっきとしたお金でも、日本ではおもちゃ同然です。あしからず。(紙幣なら日本円に替えられるのですが・・・)
「もっとましなものくれればいいのにね。」と思われたでしょうが、まあ、そうおっしゃらないで下さい。

2つ目の願い「本を読む」。
これはどうでしたか?できましたか。9日の登校日に聞いたところでは、ちょっと頼りない感じがしたのですが・・・。その後、たくさん読めたでしょうか。
21日にしっかりと感想文を書いてくれた子供も何人かいたようです。立派ですね。(感想文は書けなくてかまいません。休み前に「書けそうな人は、本に出てきた人にお手紙書いてきてくださいね。」と言っただけで、書き方は教えていませんので・・・)
あまり読めなかった人は2学期、たくさん読んでくださいね。
とは言ったものの、私もあまり偉そうなことを言えるほど読めませんでした。新書版、文庫版程度のものを15冊程でしょうか。(雑誌も入れればかなりの数になるのですが・・・)私の知っている読書家の教師などは、日に2〜3冊は必ず読むそうですので、夏休みだけで100冊近くはいくようです。私にはちょっと真似できません。(読む力も、お金も)
お盆に実家へ帰った折、子供の頃読んだ本を20冊ほど持ってきました。子供達に読み聞かせ、教室において学級文庫にするためです。貸し出しも行いますので、是非お家でも読み聞かせてあげてください。

back