繰り上がりのあるたし算

展覧会が終わり、ホッと一息。11月に入りました。11月は比較的、教科の学習に集中できる時期です。それに合わせるかのように学習内容の方も少々高度になってきます。

昨日から、算数では「繰り上がりのあるたし算」の学習に入りました。
これまで子供たちが学習してきたたし算は次のような計算です。

(1) 2+3=5    5+4=9
(2) 4+6=10   8+2=10
(3)10+2=12  10+6=16

(1)は、「1桁+1桁=1桁」という最も単純な計算です。
(2)は、「答えが10になる」計算です。
ここまでは、指を使っても出来ます。
(3)は、「10+1桁の数」で指は足りなくなりますが、比較的楽にできる計算です。
さて、昨日から始まった「繰り上がりのあるたし算」は、「7+5」というような、指では足りないし、頭でも考えにくい計算です。
この計算の答えを出すためには、次のような手順を踏まなければなりません。

(1) 7+3=10(7を10にするためには3足りないから5から3を借りてきて10を作る。)
(2) 5ー3=2(5から借りた3を引く。)
(3) 10+2=12((1)で出来た10に(2)の答え2を足す。)

ですから、「繰り上がりのあるたし算」がスラスラできるためには、
「答えが10になるたし算」と
「1桁−1桁」
の2つの計算が反射的に出来るようになっている必要があります。(今のところは、まだまだといった感じです。)
さて、「繰り上がりのあるたし算」の最初の問題として、子供たちに次のような問題を出しました。

上の本だなに本が9さつ、下の本だなに本が3さつはいっています。
本は、ぜんぶでなんさつありますか。

子供たちにも、本棚の絵をかいたプリント配りました。ただし、子供たちには「いちいち本の絵を描いていては面倒だから、かわりにタイルの絵を描きましょう。」と言って、タイルの絵を描かせました。
問題は何を聞いているのかを確認し、9+3のたし算で答えを出せることを確かめました。
しかし、子供たちはこの計算のやり方を知りません。それをこれから学習するのです。

back