ありがとう!おじいちゃん・おばあちゃん(その2)

きょうは、おとしよりからまなぶかいです。あっちゃんのおばあちゃんから、あやとりやおてだまをおしえてもらった。
かにができるようになった。
ちがうはんの女子もあやとりをおしえてもらってた。
なんかいもれんしゅうして、やっとできるようになったかに。
おてだまはちょっとちがうやりかただったけどできた。
あやとりがながかったから、2じゅうでやったらむずかしかったけど、うまくできた。
ひとりあやとりのさいしょのほうがむずかしかった。だから川からやったらなんとかできたら、「やったあ」とおもった。
(ひろみ)

きょうは、おとしよりからまなぶかいでした。
さいしょに、1くみがおおきなかぶのげきをやってくれました。
そして、つぎは、2くみになりました。
そして、「おばけなんてないさ」がはじまりました。そしてうたいました。そしておわりました。
つぎに、「さあみんなで」をうたいました。そしておわりました。
そして、こまをおしえてくれて、ありがとうとおもいました。
そして、よっちゃんと、ゆうすけくんと、あきおくんでやりました。
いっかいせんは、よっちゃんでした。2かいせんは、れんしゅうしました。
つぎに、よっちゃんとふたりでこまをまわしました。
つぎに、またよっちゃんと、ゆうすけくんと、こんどは、手をあらうところでまわしました。
そして、じかんがたって、きんとんをたべました。
(秀男)

きょうは、おじいちゃんや、おばあちゃんにきていただいて、ありがとうございました。
このおいそがしいところ、ありがとうございました。
おおきなかぶのげきや、おもしろいものをしたりして、おばけなんてないさをうたってから、こまをまわしてあそんで、おじいさんからいろいろとおしえてもらって、おばあちゃんにもおしえていただいて、こまは、かおりちゃんのおじいちゃんがうまくやっててて、びっくりしました。
あやとりをおしえてもらった。おばあちゃんからあやとりをおしえてもらったりして、いろいろおそわってから、せんせいがなんかゆって。
おはじきをおばあちゃんにおしえてもらって、それからおばあちゃんやおじいちゃんとかにもおしえていただいて。
いもきんとんをたべてから、おばあちゃんからひとことゆってから、かおりさんやゆうすけくんやあけみさんがおわかれのことばをゆってから、おばあちゃんがいるこは、おくってきました。
きてくれてありがとう。
(美幸)

わたしは、きょう、おばあちゃんがおしえてくれたので、すぐできるようになりました。
わたしがいちばんうれしかったのは、こまができたのがうれしかった。
おかあさん、あのね、きょうね、こまをまわしたんだよ。
おかあさん、きょうおばあちゃんがきてよかったよ。
たかゆきくんの、おばあちゃんがむかしばなしをおしえてくれたよ。
おかあさん、きょうはたのしかったよ。
おばあちゃん、ありがとう。やっとこまがまわせるようになりましたよ。ありがとう。
1ねん1くみ、おおきなかぶもおもしろかったよ。
おんがくしつで、こまや、あやとりなどをしたんだよ。
りょうこちゃんは、わたしのおばあちゃんはやさしいんだねってゆったんだよ。
きょうのおばあちゃんがいちばんやさしかった。
わたしは、きょうがとってもうれしかった。これから、とってもうれしくなる。
(あけみ)

作文を読んでわかるとおり、子供たちは心から喜んでいました。
おかげさまで、すばらしい会になりました。心から感謝致します。
お帰りになるとき、
「来年も、是非よろしく」
とおっしゃってくださる方が何名もいらっしゃり、
「ああ、おじいちゃん・おばあちゃんも喜んでくださったのだなあ。」
とうれしく思いました。
おじいちゃん、おばあちゃん、本当にありがとうございました。

是非、御感想をお聞かせください。

back