お正月を遊ぼう

今日は、「お正月お楽しみ会」を開きました。
本当は、昨年末に「クリスマス会」をやろうと思っていたのですが、時間的な余裕が持てずに実現できないまま休みに入ってしまったのです。
そこで、「お正月お楽しみ会をやろうじゃないか。」と私の方から持ちかけました。もちろん、子供たちは大乗り気です。
「ヤッター!」
の歓声が上がりました。
ただ、授業時間を使っての活動です。ただ遊ばせるだけでは学習になりません。「お楽しみ会」という活動を通して何かを学んでもらいたいのです。
まず、学級会を開きました。実施計画を立てるためです。高学年の場合は実行委員会が文書をもって提案するのですが、もちろん1年生にそんなことはできませんので、みんなの話し合いで決めていきます。
その学級会といっても、私が司会をして子供たちが考えを発表し合う程度のものです。子供たちが自分達で運営する学級会は1年生にはまだ無理です。
しかし、何かイベントを行うときには計画が必要であり、みんなで話し合った方がよいということは1年生のうちから知っておいてほしいことです。教師の手によるイベントではなく、自分達の手で作ったイベントの方がずっと楽しいからです。
さて、下に話し合いの結果決まった「お楽しみ会実施計画」を紹介します。


お正月お楽しみ会計画

1.なんのためにやるのか(ねらい)
今年も1年2組のみんなが、仲良く元気に過ごせるようにやる。

2.いつやるのか(期日)
1992年1月11日(土)1、2時間目

3.どこでやるのか(場所)
教室、多目的教室、体育館

4.なにをやるのか(内容)
○こま ○ふくわらい
○たこ ○あやとり
○すごろく ○まりつき
○花カルタ ○ダルマ落し
○カルタ ○トランプ

5.どうやってやるのか(方法)
(1)遊び道具は持っている人が持ってくる。
(2)自分のやりたい遊びのコーナーへ行って自由にやる。
(3)たこあげは、みんなでやる。

6.気をつけること
(1)仲よくする。
(2)ゲームの途中で抜けない。
(3)たこあげは全員でやる。
(3)負けてもいじけない。
(4)ズルしない。

子供たちが話し合って決めた計画です。どんな「お楽しみ会」になったのか、子供たちにお聞きください。

back