いくつ書けるようになったかな?

漢字の学習が一通り終わりました。1年生で学習しなければならない漢字を一応学習し終わったのです。
さて、漢字の学習が始まったのはいつだったのでしょうか。レインボーのバックナンバーをひっくり返してみたところ、NO.67に「初めての漢字」というタイトルでお伝えしてありました。7月22日です。
1年生で学習する漢字は全部で80字です。したがって、約半年で80字の学習を終えたことになります。
NO.67でお伝えした手順で「漢字学習ノート」を使って学習してきました。子供たちの漢字学習ノートを見て、はっきりと言えることがあります。

ていねいに書いてある子は、定着率が高い

ということです。
ていねいに書いてある子は、忘れる率が少ないのです。逆に、雑に書いてある子は1週間もすれば忘れてしまう場合が多いようです。
また、雑に書いてある子は書き順の覚え方がデタラメです。

「漢字学習ノート」と「連絡帳」だけは自分の書ける最高の文字で書きなさい。

毎日のように上のようにいっているのですが、なかなかできない子もいます。私の見方が甘かったのだなあと反省させられます。
これからしていかなければならないのは「習熟」です。人間ですから忘れるのがあたりまえです。しかし、忘れたままでは困ります。そこで必要になるのが習熟なのです。これが抜けると力になりません。
3つの方法で習熟を図っていこうと思っています。

1.テスト
10問づつのミニテストと50問のまとめテストをしていこうと思っています。
2.作文
漢字は文の中で使うことができなければ全く意味がありません。学習した漢字をできるだけ使えるようにさせたいと思っています。
3.ゲーム
かたくるしいことばかりでは、子供たちは嫌になってしまいます。漢字が嫌いになってしまうのです。楽しみながら漢字の学習ができるゲームも取り入れたいと思っています。(以前紹介した「漢字ビンゴ」もその1つです。

ミニテストの例を右に載せておきました。同じ問題が上下にあります。1枚で2回テストができるようになっているのです。2回目は、自分が間違えた漢字だけを書くことになっています。

back