うしろのまきちゃん(その3)

「うしろのまきちゃん」の学習も大詰めに来ました。
子供たちに話します。

たけしくんは、このお話の中で、暖かくなったり寒くなったりしてますね。たけしくんが暖かくなったり寒くなったりしたところを探してみましょう。

子供たちと一緒に教科書を見ながら、場面ごとに探していきました。そして見つけたのが次の部分です。

《暖かくなったところ》
1場面 見ないけど、せなかがほっかりあったかいので、まきちゃんがいるのがわかる。
7場面 からだがぽかぽかした。
8場面 いまは、もう元気になったから、ぼくのせなかはほっかりしている。
見つけたところで尋ねました。

3つ、暖かくなったところがあったね。この中で一番暖かいのは何場面なのですか。ノートに番号を書きなさい。

これが考えてほしかったことです。なかなか難しい問いですが、この問題を考えることで、主人公たけしくんの心の移り変わりを追うことができます。
手を挙げさせて確認したところ、次のようでした。
1場面・・・2名 7場面・・・4名 8場面・・・23名
圧倒的に8場面が支持されています。
人数の少ない方から理由を尋ねていきました。どの考えの子も実にすばらしい根拠を持っていました。

○「1場面が一番暖かいと思います。1場面はまだ、まきちゃんが学校を休む前だから心配じゃないからです。」(和美)
○「7場面が一番暖かいと思います。1場面も8場面もせなかがほっかりしているけど、7場面は、『からだがぽかぽかした。』としたと書いてあるからです。せなかだけより、からだのほうが暖かいと思います。」(裕介)
○「8場面が一番暖かいと思います。8場面になって、やっとまきちゃんが元気になったんだから、それでたけしくんは安心したんだと思います。だから8場面が一番暖かいと思います。」(吉博)

どの考えもすばらしいと思いませんか。一人が理由を発表するごとに他の子供たちも、
「ああ、そうか!」
とうなずきながら聞いていました。私も子供たちの発表を聞きながら本当にびっくりしてしまいました。ここまで考えるとは思っていなかったからです。どの子供たちも文を根拠にして自分の考えを述べています。すばらしいですね。
最後に全員に自分の考えをノートにまとめてもらいました。紹介します。

わたしは8ばめんだと考えます。
なぜなら、たけしくんが、まきちゃんのことをしんぱいしていたんだけど、まきちゃんが学校にきたから、たけしくんがあんしんして、せなかがばいもあったかくなったからです。
だから8ばめんだとかんがえます。
(ゆみ)

わたしは、7ばめんだと考えます。
なぜなら、1ばめんや8ばめんは「ほっかり」といっかいしか出てないけど、7ばめんには「ぽかぽか」と2かい出ているからです。
だから7ばめんが1ばんあったかいと考えます。
(あやこ)

さて、みなさんはどの場面が一番暖かいと思いますか。

back