それぞれの運動会

前号では私の文章で運動会の様子をお伝えしました。私の文章ですので、多分に主観が入ります。そこで今日は、連絡帳に書いていただいたみなさんの声や、子供たちが書いた作文からそれぞれが感じた運動会について紹介致します。
まずは、お家の方々から。

天気に恵まれない運動会でしたが、終了してよかったですが、青空の下でさせたかったですね。先生方はほんとうにご苦労様でした。
千春さんのお家の方より

あいにくの天候だったけれど、白組の勝利で大変喜んでいました。晃一も一等賞がとれて大得意でした。
運動会が終了して先生からほめて頂いたことがとてもうれしかったようです。屋内での練習はしていなかったと思いますがよくあそこまで成功させてくれました。
去年とは比べものにならない二年二組でした。
晃一くんのお家の方より

運動会は天気が悪く、屋内で行ったり、午後からはグラウンドで、先生始め役員さんは大変だったことでしょう。生徒たちは精一杯がんばっている中、涼子も一緒になって最後まで運動会に参加したことはとっても嬉しく拝見していました。
涼子さんのお家の方より

御感想どうもありがとうございました。子供たちにとって、一番うれしかったのはお家の方の大きな声援だったようです。
では、子供たちの声をどうぞ。

80メートルでがんばったこと
麻菜美
わたしたちの80メートルのばんがやってきました。
ドキドキしました。
ピストルの音が、
「バーン」
ときこえてきました。
いよいよ、わたしたちのばんになりました。いちばんさいごになるなあと思いました。
となりにさちこちゃんがいました。
先生が、
「いちについて、ようい、ドン。」
と言いました。
みんながしんけんな顔ではしっていきました。わたしもまけずにはしっていきました。
ゴールにつきました。
がんばってはしったせいか、3いになっていました。
とてもうれしかったです。
ヤッターと、言いそうになりました。
みんなに、
「わたしねえ、3いになったんだよ。」
と、ついついじまんしていました。
すこしたったら、リボンがくばられました。
わたしは、ボーとしてたので、かたをたたかれました。びっくりしました。
かかりの人がならばせてくれました。
そして、おうえんせきにいきました。
きょうのうんどう会は、うんがよかったです。

〜次号へ〜

back