きつねのおきゃくさま(その14)

【12時間目の学習】

今まで、きつねの心の様子を読んできましたね。勉強する前よりも、きつねの心がよくわかるようになった人?(全員が挙手)
では、今日は勉強のまとめにきつねに手紙を書くことにしましょう。

まず、全員で声を揃えて音読してもらいました。1場面から7場面まで全部です。長い物語であるにもかかわらず、本当に上手に音読できました。最初とは比べ物になりません。
音読の後は、早速手紙を書く学習に入りました。使った用紙は「作文くん」です。
NO.194に、子供たちの最初の感想を載せてありますので、それと比べながら読んでみてください。

よくたたかいましたね。
なぜ、たたかうゆうきがわいてきたのですか。すごいですね。きつねくん、すごくつよかったね。
ふつうのきつねだったら、ひよこたちをおいえてにげていくかもしれませんね。
いつまでも天からひよこたちを見守っていてください。
泰士

きみは、ほんとうにせかい一やさしい、親切な、かみさまみたいな、そのうえゆうかんなきつねなのですか。
きみは、ひよことあひるとうさぎをまもったのか、おおかみにとられたくなかったのか、どっちなのかな。ぼくは、まもったと思ったよ。
きみはやさしいのだな、親切なのだな、かみさまみたいなのだなと思ったよ。
きみのしんだところは、かわいそうだったんだよ。
吉博

きつねは、やさしいところもあるし、こわいときもありますね。
わたしは、きつねのはなしははじめてよみました。
きつねは、ほんとうにひよことあひるとうさぎをたすけたのかな。
きつね、あなたはせかい一やさしいって言われてよかったね。
きつねはやさしいって言われてどんな気持ちになりましたか。
涼子

わたしははじめてこのお話を読んでからおもしろいお話だと思いました。おもしろかったところは、
「おっとっと。おちつけ、おちつけ。」切かぶにつまずいてころびそうになったとさ。のところです。
だけど、ある日。くろくも山のおおかみがおりてきたとさ。このところがどうなるのかたのしみでした。
だけど、そのばん。きつねは、はずかしそうにわらってしんだのところがかわいそうでした。
あけみ

切かぶにつまずいてころびそうになったときがおもしろかったです。
おおかみとたたかったところは、どうなるかと思いました。はじめて読んだときはながいと思いました。
ぼうっとなったところは、おもしろかったです。
夏の歌が聞きたかったです。おおかみがにげたところがおもしろかった。
孝征

きつねくん、ひよこくんとあひるくんとうさぎくんに、
「やさしいおにいちゃん。親切なおにいちゃん。かみさまみたいなおにいちゃん。」
と言われたときはどんな気持ちでしたか。
たたかったときはどんな気持ちでたたかいましたか。
おおかみがにげていってよかったですね。ひよこたちを食べたかったですか。おおかみとたたかってしんじゃったね。
みんながしんぱいしているけど、だいじょうぶ?
空でもがんばれ。きつねくん!げんきよく。
ひろみ

きつねは、ほんとうにぼうっとなったんですか。きつねはほんとうにかみさまみたいにそだてたのですか。
ひよことあひるとうさぎを太らせてから食べようとしたのですか。
だけど、くろくも山のおおかみが下りてきたら、ひよことあひるとうさぎを守ろうとしたんですか。しんだから、うさぎたちをまもったんですね。
暁生

ぼくは、「きつねのおきゃくさま」の1、2、3場面を読んでわかるとおり、わるいきつねだと思いました。
なぜなら、1場面の最初に、
「がぶりとやろうと思ったが、やせているので考えた。太らせてから食べようと。」
と思っていたからです。
でも、ぼくは、4、5、6、7場面を読んでわかるとおり、いいきつねだと思いました。
なぜなら、7場面に『そして、せかい一やさしい、親切な、かみさまみたいな、そのうえゆうかんなきつねのためになみだをながしたとさ。』とかいてあるからです。

さいごに、ひよこ、あひる、うさぎをまもろうと思っておおかみとたたかった。
まもろうと思ってたたかって、しんだけど、また生きていた。
ばんにはしんだ。
ひよこ、あひる、うさぎは、にじの森に小さいおはかをつくってゆうかんなきつねのためになみだをながした。
きつねは、きっと天国にいって、ひよこ、あひる、うさぎを見守っているかもしれないね。
おおかみとたたかってしんだけど、ひよことあひるには、親切にしてやった。
ゆうきがりんりんとわいて、おおかみとたたかった。
さいごには、おおかみがにげていって、きつねがかった。だらしないおおかみだけど、きつねがかったんだからよかったね。
紗由可

きつねくん、今日は。
ぼくは、きみが死んだところがかわいそうでした。
きつねくん、あなたはひよことあひるとうさぎをまもったことがえらいと思いますよ。
もう食べたりはしないようにね。
あなたはえらいです。
ひよこたちを守るゆうきがあって、いさましかったと思いますよ。
しっかりやりぬいてください。
きつねくん、あなたは、せかい一やさしい、親切な、かみさまみたいな、そのうえゆうかんなきつねですよ。
ゆうきもせかい一ですよ。
おおかみも何ものもおそれず、ゆうかんなきつねだったですね。

〜次号へ〜

back