きつねのおきゃくさま(その15)

【きつねへの手紙その2

さいしょは、たべようとしていたけど、あとから食べない心になりましたね。おおかみにころされてかわいそうでした。
でも、やさしいから、きっと天国でたのしく生きていると思います。
だから、やさしいきつねと言われたと思います。
ぼくたちもいっしょうけんめいにべんきょうやどうぶつのせわをやって、きつねくんみたいにやさしいこころになりたいと思っています。
だから、きつねくんもいっしょうけんめいにはたらいたりあそんだりして、がんばってください。
そこでおねがいがあります。それは、食べようという心にはぜったいにならないでください。

おおかみとたたかったときは、どうなるかと思った。おおかみがにげているところが、ざまあみさらせだった。
きつねがとび出したところがおもしろかった。
一敏

ひよこやあひるやうさぎたちの、「やさしい」や「親切」や「かみさまみたいなおにいちゃん」っていうことばで、思ってきたことを動かされたばかだけど、やさしくなったからよかった。
たたかって、ばんのうちに天国にいったからよかったな。ほんとうにひよことあひるとうさぎをたすけられてよかったな。
でも、さいごにしんでやだったよな。ほんとうにかわいそうだったよ。
晃一

よく、たたかうゆうきが出ましたね。ぼくは、すごいと思います。
なんで後ろからとびついたほうがよかったのに、前から出てきたんですか。
なんで自分がいるってことをおおかみにおしえたんですか。おしえないでとびついたほうがよかったのに。
よくおおかみをおいはらえましたね。すごいと思います。
勇起

わたしがかわいそうだったのは、
「そのばん。きつねは、はずかしそうにわらってしんだ。」
のところです。
「がぶりとやろうと思ったが、やせているので考えた。太らせてから食べようと。」
と書いてあるから、一匹、太らせたら食べればいいのに。

きつねくんは、ひよことあひるとうさぎをなぜ食べようとしていたの。
きつねくんは、どうして1、2、3場面で3人を太らせて食べようと思っていたの。
なんでひよことあひるとうさぎを守ったの。

きつねは、おおかみとたたかって、ひよこたちを守ったからゆうきのあるきつねだと思いました。でも、おおかみはにげたので、いつまたくるかわかりません。
もしくると、だれもたすけてくれるひとがいないから、食べられてしまうかもしれない。
ゆみ

食べようという心が1場面や2場面でだんだんかわって、食べないという心へちがづいてきた。
きつねも、だんだんやさしくなってきた。
ひよこに、
「きつねおにいちゃんって、やさしいねえ。」
と言われた気持ちはどんなだろう。
6場面に、きつねははずかしそうにわらってしんだ。ってかいてあるところがかわいそうでした。
ひよことあひるとうさぎはやさしい3びきでした。
きつねもゆうかんでした。
千春

つよいおおかみにたちむかうなんて、ゆうきがあるね。さいごはしんだけど、がんばったね。
うさぎ、ひよこ、あひるを食べない心になってよかったね。じつにじつにいさましかったぜ。のところは、絵を見てほんとうにいさましかったよ。
心の中でにやりとわらった。のところは、やだったよ。
やさしい、親切な、かみさまみたいな、ゆうかんなきつねと言われてよかったね。
裕介

食べようと思っていても、やっぱりさいごは食べないにかわりました。
ひよこもあひるもうさぎもみんな、さいごは親切なきつね、やさしいきつね、かみさまみたいなきつねというふうにかわりました。ひよこもあひるもうさぎも、きつねのためになみだをながしています。
きつねの心もひよこの心もあひるの心もうさぎの心もみんなつながっています。
天国へいっても、ひよこや、あひるや、うさぎを見守ってやってください。あぶないことがないように気をつけてくらしてください。
ひよこもあひるもうさぎも、おはかまいりにいって下さい。みずもちゃんとやってください。せんこうもちゃんとつけてやってください。きつねは、ひよこたちのところにおおかみがこないように見守ってください。
あゆみ

おおかみがにげて、どう思いましたか。ぼくは「やった」と思いました。ひよこたちが小さいおはかを作ったのでよかったと思いました。そして、3人がなみだをながしてくれたのでよかったと思います。
秀男

ゆうきがりんりんわいたのは、ほんとうですか。
ほんとうに「やさしい」って言われたことがなかったんだね。
ほんとう言うと、ひよこたちがさんぽにいったとき、いっしょにいきたかったんでしょ。
かみさまみたいにそだててつかれなかった?
おおかみがにげていってよかった。かわいそうだね、しんじゃって。だけど、よくまもれたね。おおかみはこわくなかった?よくがんばったね。
和美

きつねくん、あなたはせかい一やさしいて言われてよかったね。
わたしはこの話を聞いて、おもしろかったよ。
きつねくんは、ほんとうにひよことあひるとうさぎをたすけたのかな。
きつねくん、親切なおにいちゃんって言われてよかったね。
きつねくんは、自分がしんでもいいのかな。
美幸

きつねくん、わたしたちにいろいろなやくにたってくれてありがとう。
きつねくんのいろいろなことをべんきょうしてわたしたちのあたまがよくなってとってもうれしいよ。
もうこの話のべんきょうはおわってさみしくなったけど、つぎのお話でがんばってやろうと思っているよ。
しつもんするんだけど、なんでおおかみにまけると思っているのにたたかったのか、それがよくわからないんだよ。
圭子

きつねくんは、どうしてひよこもあひるもうさぎも太らせたのに食べなかったの。
おにいちゃんのはなしをすると、きつねくんうれしそう。きつねくん、おげんきですか。わたしはげんきです。
太ったひよことあひるとうさぎさん、おはかに花をやってね。
聡美

〜次号へ〜

back