どんな先生?

初日の連絡帳に、次のように書かせました。

4月5日
四年生になりました。今日から上学年です。担任は、渋谷先生。○○○そうな先生です。

○○○の部分には、自分が思ったとおりのことを書くように指示しました。連絡帳を書いた後はすぐに下校でしたので、子供たちがなんと書いたのか、私には分かりません。
翌日、つまり昨日の朝、提出されていた連絡帳を見て初めて知りました。子供たちが書いていたのは・・・。

・おもしろそうな先生(多数)
・たのしそうな先生(1名)
・ふざけそうな先生(1名)
・やさしそうな先生(2名)
・こわそうな先生(3名)
・やさしそうだけど、こわそうな先生(1名)
・よわそうな先生(2名)
・じょうぶそうな先生(1名)
・連絡帳が長そうな先生(1名)

「こわそうな先生」と書いた子供が3名しかいなかったのは、意外。「やさしそうな先生」と書いてくれた子供が2名いて、感激。さぁ、実際はどうかな。子供たちには、次のように話しました。

「やさしそう」と書いてくれた人もいるし、「こわそう」と書いてくれた人もいます。さぁ、どっちでしょうねぇ。
普段は、やさしいですよ。でも、こわくなる時が三つあります。この三つの時には、鬼になります。みんなは泣くかもしれません。
一つ目は、命にかかわるような危ないことをした時です。ベランダからぶら下がったり、カッターを振り回したりしたら大変だね。先生は鬼になります。
二つ目は、いじめをしたときです。ただ、けんかといじめは違いますよ。35人が一つの教室で過ごしていくのです。けんかをしてしまうこともあるでしょう。当然のことです。けんかっていうのは、両方悪いんです。でもね、いじめは違います。何もしていない相手を一方的に攻撃するのがいじめです。先生は鬼になります。
三つ目は、同じことを三度注意されて、まだ直そうとしない時です。「○○さん、口を閉じましょう。」「○○さん、口を閉じましょう。」「○○さん、口を閉じましょう。」先生は、三回言いました。ところが、まだ○○さんがしゃべっている。先生は鬼になります。
鬼になった先生を見てみたい人?(もちろん、誰もいません)先生も鬼にはなりたくありません。この一年間、鬼にならなくてすむことを願っています。みんな、だいじょうぶだよね。

ピリッと張りつめた空気の中、子供たちは真剣に話を聞いてくれました。

さて昨日、STAGEのNO.2を配っていると、子供たちから言われました。
「先生、昨日のSTAGEに自己紹介がないってお母さんが言っていたよ。」
大変、失礼致しました。名前を名乗っただけでしたね。

氏名 渋谷 徹
性別 男
年齢 不惑
産地 新潟市
身長 173cm(停滞)
体重 70kg(成長中。今年中に5kg減の予定)
趣味 サッカー観戦(この土曜日はビッグスワンにいます)
家族 妻、父、母がそれぞれ1名ずつ

こんなものでしょうか。現在、中学校のグラウンド近くにアパートを借りて住んでおり、週末に新潟の自宅に戻ります。
教師デビュー19年目、4年生を担任するのは4年ぶり4回目となります。35名の子供たちとの学校生活を楽しみにしています。胸が高鳴っています。よろしくお願いいたします。