あいさつの意味

昨日は、日曜日にもかかわらず、学習参観、学級懇談、PTA総会においでいただきまして、ありがとうございました。昨日までは、お子さんの顔と保護者のみなさんの顔が一致していなかったのですが、懇談会・懇親会で多くの方と親しくお話をさせていただくことができました。

多くの方には5時間目の国語の学習を参観いただきましたが、4時間目の道徳では「あいさつ」をテーマとした学習を行いました。こんな学習です。

黒板に「おはようございます」と書き、全員で元気に朝のあいさつを読みます。読み終わったところで尋ねました。

どういう意味ですか。

もちろん、誰も知りません。

漢字では「お早うございます」と書くのです。「お」というのは、敬語です。ていねいな言い方です。「花」のことを「お花」といったりしますよね。それと同じです。「ございます」というのも敬語です。そうすると、「早う」が残りますね。これは、「早く」という意味です。「早くから起きて精を出して感心ですね」を短く省略しているのです。「おはよう」というのは、ほめ言葉なのです。班の人と向き合ってごらんなさい。相手をほめる気持ちで「おはよう」と言ってみよう。

にこやかなあいさつが教室内で交わされました。
続いて問います。

ノートに「こんにちは」と書いてごらんなさい。

子供たちのノートを見て回ると、2通りの書き方がされていました。
A こんにちは
B こんにちわ
どちらが正しいかを問うと、ほぼ全員がAだと言います。

なぜ、Aが正しいのですか。理由を言ってごらん。

う〜んとうなる子供たち。その中で、瑞季さんが手を挙げて答えてくれました。
「『こんにちは』っていうのは、『きょうは』っていう意味だから、『わ』じゃなくて『は』が正しいと思います。」

その通り。「こんにちは」は漢字で「今日は」と書くのです。これも続きが省略されています。「今日は」のあとに何が省略されているのですか。自分の考えをノートに書いてごらん。

書き終わった子供から、黒板に出て書いてもらいました。
・いいお天気ですね。
・昼から精を出して感心ですね。
・いきいきしていていいですね。
子供たちなりに一生懸命に考えて書いてくれました。

実は、これが省略されているのです。
「ご機嫌いかがですか」
これは、相手を気にかける言葉です。気遣っているのですね。「無視」の逆です。相手を気遣う気持ちで「こんにちは」と言ってごらん。

この後、「今晩は」も「今日は」と同じように学習し、「おやすみなさい」「ごちそうさま」「いただきます」についても、それぞれの意味を考えました。

今日勉強したあいさつを英語で言えるかな。

子供たちは「言える、言える」と言いますので、全員で言ってみました。

「おはようございます」Good morning.
「こんにちは」Good afternoon.
「こんばんは」Good evening.
「おやすみなさい」Good night.

と、ここまでは順調ですが、「いただきます」「ごちそうさま」が分かりません。当然です。該当する英語はないのです。どうも、英語だけではなく、日本以外に「いただきます」「ごちそうさま」という国はほとんどないようです。日本独自のあいさつ、大切にしてほしいですね。
(※ 本授業は、野口芳宏先生の授業の修正追試です。)

昨日の懇談会で、学年行事について話し合われました。みなさんから、いろいろなアイディアを出していただき、概略が決まりました。
★期日 7月10日(日)午前9時〜午後1時頃
★内容 カレー作りとレクリエーション(スポーツかゲーム)
※ 学年委員の村山さんを中心に役員さんから計画いただきます。詳細がきまり次第、お知らせ致します。