遠足に行ってきました!(その2)

S.I
夜、わたしはいつも出さない服を自分で出していました。それは、明日が遠足だからです。楽しみです。
8時30分ころ、学校を出発しました。バスで約1時間で消防署につきました。まず、消防署の人の話を聞いて、中を回りました。そして、消防車に乗ったりきゅうきゅう車に乗ったりして、最後にしつもんをみんなからいっぱい出しました。そしたら、こたえてくれました。たのしかったです。
次に約1時間バスに乗って胎内に行きました。そして、いろんなぼうえんきょうをのぞいて、次にたいようをみました。思っていたよりあかかったです。次に胎内平でお昼ごはんを食べました。おいしかったです。おやつを食べきれなかったので、みんなにわけました。とてもよかったと思います。
また、胎内平とかにいきたいです。そして、夜空やたいようとかを見て、遠くの山を見たいです。

S.S
校長先生と教頭先生がぼくたちを見送ってくれました。「行ってきます」とあいさつをして、バスに乗りこみました。楽しみです。
バスに乗って、村上の消防本部に行きました。ぼくは消防署に入るのは初めてだったので、きんちょうしていました。最初は、通信司令室に行きました。すごく、コンピュータがいっぱいあったので、びっくりしました。次は事務所に行きました。そこに出動計画表がありました。いろんな人がいました。
次に自然天文館に行きました。そこで、春と夏のせいざを見てきました。そこに、ぼくのせいざのいてざがありました。そこを出て、ぼくはぼうえんきょうを見ました。すごく遠くまで見えたのですごかったです。次にパソコンでいろんな星を見ました。次に大きいぼうえんきょうで太陽を見ました。
また、家族で行きたいです。

M.M
バスが来たので、みんなで外に出ました。それから校長先生たちにあいさつをしてバスに乗りました。早く村上に行きたいです。
消防署では、消防車に乗ったり、見学をしました。はじめて消防車に乗りました。すごいなぁと思いました。もう一つすごいと思ったのは、れんらくがきて、もし住所がわからないときは、電話番号を教えると住所がわかるのが、すごいなぁと思いました。
胎内自然天文館では、星とかを見ました。パソコンで星のことを勉強したりもしました。太陽を見ました。太陽は、とっても赤くて、びっくりしました。太陽は、あんなに赤いんだなぁと思いました。でも、昔の人は星をつなげてふたござとか、よくせいざを見つけることができたなと思います。
4年生の遠足は、すごいなと思うことがいっぱいありました。おもしろかったし、また行ってみたいと思いました。

M.O
今日は、待ちに待った遠足です。みんな楽しみにしていました。先生が教室に入ってきました。先生の服そうに、ぼくはわらいました。
ついにバスがついて、乗りこみました。ぼくは一番後ろに乗りました。最初ひろきさんがいきなり歌を歌いました。だからぼくもひろきさんにあわせて歌いました。みんなのリクエストにこたえていろいろな歌を歌いました。だんだん歌っているうちに、いろいろな人も歌い始めました。
ついに遠足が終わりました。帰りはのどがいたくて歌も歌えませんでした。みんなつかれてねていました。ひろきさんがおもしろいことを言いました。
「上から物がおちてくるからねむれない。」
と言いました。へんだあと思ってねむりました。すぐ学校につきました。
二番目のゆめは、しょうぼうしなので、このことをさんこうにして、がんばってゆめをめざしたいです。

昨日の国語の時間に書かせた遠足の作文を紹介しました。この作文のねらいはただ一つ。「四つの段落で書く」ということです。
赤鉛筆で線を引き、20行の原稿用紙を次のように四つに分けさせました。

はじめ(3行)
なか1(7行)
なか2(7行)
まとめ(3行)

このようにすると、どんな内容をどのくらい書けばよいのかが視覚的に分かります。4年生では、上のような簡単な構成で、400字程度の文章を書ける力を是非身に付けてほしいと考えています。