歯みがき教室

今週は「いい歯をつくろう週間」。昨日の6校時、養護教諭の富樫先生の指導の下、「歯みがき教室」を行いました。
最初は、図を見ながら、歯の名称等の基礎的な知識を教わります。その後5分間の時間をもらって、一人一人ていねいに歯みがきをしました。おそらく、多くの子供たちは、これだけの長い時間、歯みがきをしてはいないはずです。
さあ、歯みがきは上手にできたのでしょうか。一人一人にカラーテスターが配られます。5分もみがいたのですから、赤く染まる部分なんてないかと思いきや・・・。
結構ありましたね、赤く染まった部分が。5分間時間をもらって歯みがきをした結果がこれですから、普段は推して知るべしです。給食後の歯みがきを見ていると、わずか30秒ほどで歯ブラシをしまってしまう子供もいれば、歯みがき自体を忘れてしまっている子供もいます。
この「歯みがき教室」の時だけ一生懸命みがいても意味がありません。これを機会に、自分自身の普段の歯みがきを見直してくれるといいですね。

Y.H
みがきのこしの歯がこんなにあったので、びっくりしました。今日の夜からは、ちゃんとみがきます。でも、去年よりみがきのこしが少なくなってよかったです。

N.S
今日のカラーテストで真っ赤になってびっくりしました。これから歯肉炎になったりするかもしれないので、明日からちゃんとみがいていきたいと思っています。がんばります。

D.S
11本も赤いのがありました。もっとていねいにみがきたいです。もっとていねいにしたら、3本はへるとおもいます。これからいっぱいみがきます。

Y.K
思ったより少なかったです。きれいにして、ピカピカにしたけれど、電動でなくて自分でやりたいです。がんばりたいです。

本日「カラーテストの結果」カードを持たせました。ご面倒でも、お家の人からのアドバイスをご記入の上、ご提出ください。