雨と大川

新潟が梅雨入りした火曜日、傘を差して大川の様子を見に行きました。先週、快晴の下で遊び回った大川が、雨によってどのように表情を変えたのかを自分の目で見てほしいと思ったからです。
土手を下りるとそこはもう川。いつもなら、川原が広がっているのですが、一面水浸しの状態でした。魚も川原だった場所を泳いでいます。
帰り際、「先週の川と今週の川を比べて、気づいたことや思ったことを学習作文にまとめてくる」ことを宿題にしました。
水曜日に提出された自学帳から、子供たちの学習作文を紹介します。

M.O
今日は、大川に行って、大川を見てきました。
ぼくは、びっくりしました。大川は、もうりくがないじょうたいでした。前は、りくがあって走れたのに、水だらけで走れませんでした。りくだった所に魚が泳いでいたので、びっくりしました。
もっとびっくりしたのは、かさで魚がとれるほど魚がおびえていたから、すごいと思いました。ちょっと見てきたら、あさかった所がすごく深くなっていたからです。
家に帰って、おばあちゃんに電話がきました。それは、山北はこうずいになっていないかという心配の電話でした。みんな心配していました。
これ以上、雨がふらないでほしいです。

A.O
今日の6時間目の時、川のようすを見に行きました。みんな、びっくりしていました。
なぜかというと、足のふみばがぜんぜんなくて、この前とぜんぜんちがっていたからです。わたしは、もちろん、長ぐつをはいてこなかったので、川に入ることはできなかったです。でも、わたしのくつは、びしょぬれになりました。中には、かさを川に入れて、かじかをつかまえた人もいます。宙さんです。すごいと思いました。わたしは、水をかんさつしていました。この前とちがったことは、川の流れが早いこととか、川の水がすごーくにごって、きたなかったことです。すごくびっくりしました。
今度行く時は、もっと調べたいです。

K.H
今日のかがやきは、大川を見に行きました。
行ってみると、大川じゃなかったです。大川の水の流れが早かったし、人がとおるところもなかったし、水がにごっていたし、なによりも深かったです。
今日が長ぐつの人は入ってもいいと言いました。柾さんが、くつなのに、大川に入りました。それに続いて、みんな入っていきました。ぼくたちは、入れないから、石で池を作っていました。このじゅぎょうが終わると、みんなびしょぬれでした。
今日のかがやきで見に行った大川はこわかったです。

柏崎では水害、西日本では水不足。水のニュースがテレビ、新聞でも連日報道されています。水の怖さと大切さについても考えてほしいですね。


Let's Draw a Monster!

下の絵は、昨日の英語活動の時間に描いた「モンスター」です。Kabeer先生の言葉を聞きながら、その指示どおりに絵を描いていくわけです。Kabeer先生の指示は右の通り。子供たちの画用紙には、恐ろしいモンスターたちが描かれました。

Let's draw a monster. Listen carefully.
This monster has three legs and one body. He has four arms and one head. He has five eyes and two noses and one big mouth. He has two big ears.

Kくんのモンスター
Tくんのモンスター