町防災訓練

ベルとともに、素早く机の下に
真剣にビデオ視聴する子供たち

町防災訓練。残念ながら雨天になってしまったため、予定どおりの避難行動は出来ませんでした。しかし、教室から体育館への避難、津波を想定して体育館から3Fへの二次避難と、普段の避難訓練とは違った訓練を行うことが出来ました。
教室では、ビデオによる地震学習と乾パンの試食も行いました。乾パンは1パックずつ持ち帰ったはずですので、ご家族でどうぞ。子供たちには、けっこう好評でした。
「先生、どこに売っているの。買いたい。」
という子供まで・・・。そんなにおいしかったかい。

S.T
訓練後、ビデオを観た。ぼくが学んだことは二つだ。
一つ目は、じしんたいさくだ。ぼくの家はまだじしんたいさくをしていない。だから、少しのゆれでも電気が大きくゆれるかもしれない。もっと、大きいじしんだったら、家がたおれるかもしれない。
二つ目は、登下校中にじしんがきたら、頭をランドセルで守って、木の下に行くことだ。
今日の訓練で、ぼくがうまくできたことは、走らないことだ。走らないで体育館に行けた。逆に、うまくできなかったことは、「お・は・し」のうち、「し」のしゃべらないをやぶってしまったのだ。
次の訓練では、100点満点目ざしてがんばりたい。それは、うまくいかなかったら、死ぬからだ。

S.M
訓練後、ビデオを観た。ぼくが学んだことは二つだ。
一つ目は、いつ地震が起きるか分からないということだ。ねているときに、地震が来るかもしれない。遊んでいるときに来るかもしれない。だから、地震にそなえておくことだ。
二つ目は、地震で起きる津波で、たくさんの命が失われるということだ。津波は、10何mまでたっすることもあるそうだ。そして、高いところににげること。ぼくは、この二つを学んだ。
今日の訓練で、ぼくがうまくできたことは、走らなかったことだ。逆に、うまくできなかったことは、しゃべらないことだ。
次の訓練では、「おはし」を全部まもりたい。それは、今日は守れなかったからだ。


最近の自学から

A.O
今日は、算数の時間で、等分の勉強をしました。
私たちは、ノートにページ数を書きました。そして、私が指名されました。私は意味もなく、手をあげていたようです。でも、私は先生に聞かれました。私は、
「わかりません」
と言ってしゃがみました。私のかわりにほかの人が言いました。私は、人のを聞いて、
「あ、そうだ」
と思いました。私は、今日、学校に来てよかったと思いました。だって、学校に行かなければ人の答えが分からなかったからです。今日は、分からなくて、こまったけれど、また今度はちゃんと答えたいです。

T.T
今日の5時間目は、新しい勉強をやった。
新しい勉強は、分数だった。ぼくは、分数は今日初めてやるから、むずかしいのか、かんたんなのかわからなかった。
そして、じゅぎょうのないようがどんどんわかってきた。
分数のやり方は、
@ まんなかに線を書く。
A 線の下に数字を書く。
B 線の上に数字を書く。
この順番で分数を書く。
最後に、教科書に書く問題をやった。
「教科書に4分の3mを赤えんぴつでぬりなさい。」
ぼくは書いた。けれど、うっかりミスをしてしまった。次は、○をもらった。とてもうれしかった。

S.H
「手をかきなさい。」
先生が言いました。展覧会でかざるゴーシュをかいています。ぼくは、カタツムリまではいかないけれど、ゆっくりかきました。先生が言うとおりに、どんどん書いていきました。
いちばんむずかしかったところは、頭です。とくに、かみの形がとれなかったです。
次は、パジャマを着せました。がらもかきます。ぼくは、星と魚のがらにしました。風景や動物も一ぴきかきました。
ようやくできあがりました。あとは、絵の具で色をぬるだけです。色もていねいにぬって、いい作品をかざりたいです。