書き初め大会

始業式で、Sさんが4年生代表として年頭のスピーチを行いました。次のスピーチです。

あけましておめでとうございます。四年のS.Mです。みなさんは、冬休みを楽しく過ごせましたか。
さて、明後日は書き初め大会ですね。みなさんが書く題字は何ですか。四年生は「○○な子」という題字を書きます。私は「知的な子」と書くことにしました。私は今年、「知的な子」になりたいと思っているからです。
去年の私は、母に何かを言われても、一回ではなかなかうまくできない子でした。例えば、お風呂そうじをたのまれたときも、お湯を入れたのはいいものの、時間を忘れてあふれさせてしまったこともあります。どこか、ぬけていたのです。
しかし、今年の私はちがいます。めあてをたて、自分ができることは、頭を使いながら、自分の力でできるようになります。それが私の考える「知的な子」です。
みなさんも、めあてをもって、今年一年を楽しく過ごしていきましょう。

そして、昨日は書き初め大会。真っ白い長紙に向かい、筆にたっぷりと黒い墨をつけ、自分で考えた題字を書いていきます。一人一人の題字が違うため、使う手本が私の手によるものとなってしまったのが、申し訳ないのですが・・・。
それでも、1時間が終わる頃には、墨痕鮮やかに書かれた書き初めが私の手元に提出されました。
月曜日からが、「校内書き初め展」です。20日の学習参観の折に、子供たちの力作をご覧ください。

33名が長紙を広げるには、教室はちょっと手狭です。隣りの音楽室を使って、書き初めを行いました。
「ここまでは、順調だぞ。傑作になりそうだ・・・。」
「先生、これどう?結構上手に書けたと思うんだけど。」
本日いちばんの出来の作品をもって記念撮影。