親子百人一首大会

金曜日は、学習参観・懇談会においでいただきましてありがとうございました。参観授業では「親子百人一首大会」に参加いただきました。親子対決は、子供の圧勝でしたね。中には、親に1枚も取らせず、完全勝利をしていた子供もいたようです。
2学期には1,2回しかしていませんから、本格的に初めてわずか一週間です。その間の子供たちの上達ぶりには目を見張るものがありました。みなさんも驚かれたのではないでしょうか。

S.S
今日は、5時間目が学習参観でした。その内容は、百人一首の大会でした。
最初は、一番目でした。そこで、お母さんと百人一首をやりました。ぼくのお母さんは、百人一首を初めてやるので、すごく弱かったです。12対2で勝ちました。
次は、静生くんとやりました。お母さんには、よゆうで勝てたのに、こてんぱんにやられてしまいました。次も、その次も負けてしまいました。
でも、一号車だけには残りたいと思っていたので、最後には残れたことがうれしかったです。

S.K
今日、5時間目に「学習参観日」でした。『親子百人一首大会』をやりました。最初に静生さんとやって負けました。次に、真代さんとやりました。勝ったか負けたか忘れました。次に匠さんとやって、負けたか勝ったかまた忘れました。
次に翔さんとやって負けました。
お父さんが来て、お父さんとやりました。お父さん2枚取りました。勝ちました。
とても楽しかったです。チャンピオンは真代さんです。

親と子の真剣勝負。ほとんどの対決は子供が制していましたが、
親の威信をかけて勝利を収めた方もいらっしゃいましたね。
お父さんが見守る中、宙くんと戦う翔くん。
幹紘くんは、莉央パパと対決。結果は?

木曜日に行った青札最終戦では、見事に柾くんが名人の座を獲得しましたが、沙也加さんが書いてくれたとおり、この日のチャンピオンは真代さんでした。
今日から、赤札の試合を始めました。さて、赤札で名人の座を獲得するのは誰になるのでしょうか。赤札もあっという間に覚えてしまうかな。