六送会で何をする?

金曜日の学習参観が、今年度最後だったわけですが、来月2日(木)には児童会行事『六送会(六年生を送る会)』があります。是非、ご来校の上、子供たちの活動をご覧ください。
『六送会』に先だって『6年生とのふれあい週間』も実施されるのですが、この二つの行事で、子供たちが行う活動は大きく三つあります。

1 キッズファミリー活動
2 ふれあい活動
3 六送会の出し物

1のキッズファミリー活動では、ファミリーごとに撮った記念写真や寄せ書きを6年生にプレゼントします。
2と3の具体的な内容は、各学年に任されています。そこで、先週、これを何にするのかについて話し合いました。
まずは、ふれあい活動。「ドッジボール」「バスケットボール」等の意見も出たのですが、圧倒的多数で決まったのはこれです。

百人一首

6年生も五色百人一首に取り組んでいるようなので、6年生の胸を借りようじゃないかというのです。6年生から金星を挙げられるのか。それとも、こてんぱんにやられるのか。いずれにしても楽しみです。これは、23日(木)の昼休みに予定されています。

さて、続いては六送会の出し物を何にするかです。劇や合奏、音読発表等が定番メニューですが、これにすると当然、他学年と重複する可能性が高くなります。ちょっと、毛色の違ったことをやるのもおもしろいのではないかと考え、私の方から子供たちに次のアイディアを提案しました。

映画

あらかじめ、撮影しておいた映画を六送会当日に上映するというアイディアです。
・生ではないので、やり直しがきく(生の劇では失敗は許されません)。
・準備時間が少なくてすむ(劇をやるとなると相当な練習が必要です)。
・すべての子供が何らかのかたちで携わることができる(35名全員が出演する劇はなかなか難しい)。
・他の学年との重複が考えにくい。
これらの理由を子供たちに話しながら提案すると、全員一致でこのアイディアは受け入れられました。
そこで、班ごとにどんな映画にするのか、およそのストーリーを相談させました。数十分後、8つのストーリーが私の手元に提出されます。これらをまとめあげるのは、至難の業です。
この週末に、子供たちのアイディアを生かしながら、なんとか簡単なシナリオを作成し、昨日、子供たちに配布しました。タイトルは・・・。まだ伏せておくことにしましょう。子供たちに配布したシナリオもマル秘文書として指定し、決して他言しないよう指示してあります。特に6年生にはバレないように。当日のお楽しみというわけです。
さあ、どうなりますことやら。乞うご期待。