歯肉炎教室

先週、歯科衛生士の方をお招きし、「歯肉炎予防教室」を行いました。ビデオを視聴したり、歯の染め出しを行ったり、実際に歯みがきをしたりすることを通して、普段の自分の歯みがきを見直すことができたようです。今日学んだことを続けることが大切ですね。
保護者の皆様からも、子供たちのワークシートに言葉をお書きいただきました。
「正しいみがき方を家族のみんなに教えてもらいました。」
「私自身も気を付けようと思いました。」
「今日から、家族でチェックし合います。」
等の言葉がありました。お忙しい中、ご記入いただき、ありがとうございました。

今日、歯のそめだしをした。学んだことは3つある。
1つ目は、えんぴつとおなじように歯ブラシをもつことだ。
2つ目は、持ち方をかえて、細かく動かすことだ。
3つ目は、歯の間をよくみがくことだ。
「こうしよう」と思ったことは2つある。
1つ目は、ていねいによごれをおとすことだ。
2つ目は、毎日歯みがきをすることだ。
こんどは、赤いのがあまりつかないようにしたい。

私は、歯ならびがきれいではない。歯みがきをするときは、いつもたいへんだった。私は歯みがきをするとき、がんばっても歯ならびがきたないので、みがきのこしがやっぱりある。でも、今日、いろいろ歯みがきのことを教えてもらった。歯みがきに自信がもてた。
今度からは、今日学んだことを生かして、歯みがきをするようにしたい。

歯肉炎教室から1週間が経ちました。子供たちのていねいな歯みがき、続いているでしょうか。